残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

zankureotosiana

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。

「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでしょうか?

 

「毎月の支払額が半分になるので、ワングレード上の車が乗れますよ♪」

なんて甘い言葉を信用していませんか?

残クレの詳細やデメリットをしっかり理解していますか?
営業マンの言われるがまま残クレで購入すると後で後悔することにもなるのでしっかり理解していおきましょう。

 

残価設定ローンとは?

残クレとは、3年~5年後の車の査定額(残価)を予め差し引いた分を支払っていくというものです。

簡単に言うと、
「3年後に乗り換えるなら最初に下取り価格を差し引いておくね。差し引いた分を3年ローンで払ってもらえばいいよ♪」
という感じ。(厳密に言うと違います、詳しくは後述しています)

残価は車種やメーカーによって違いますが、3年なら約40~50%なので、半額で買えるということ。

じゃ、3年経ったら絶対に乗り換えなきゃいけないの?というとそうではないです。

満期を迎えたあなたに選択肢は次の3つ

  • 車をディーラーにお返しする(手放す)
  • 残価を現金一括払いで買い取って乗り続ける
  • 残価を再びローンを組んで乗り続ける

 

これだけ見ると、

「支払金額が安くなるからお得!頭金も用意できないし、生活がカツカツだから毎月の出費が減るなら良いんじゃない!?」

と思うかもしれませんが、それは間違いです!

 

営業マンが声を大にして言わない残クレの落とし穴を説明するので、しっかり理解してくださいね!

 

→車買うなら必見!誰でもできる車値引き交渉の3つのポイント

 

残クレのデメリットは?

 

メリットは月々の支払が安くなることですが、その裏には大きなデメリットが隠れています。

安易に支払額が安くなるからといって飛びつかないようにしましょう。

誤解を恐れずに言うと、残クレができたのは、ユーザーの月々の支払いを安くして生活に役立てるわけではなく

  • クレジット会社が金利を多く摂るため
  • 自動車メーカーが車の買い替えを促進させて利益を取るため

です。

残クレをしっかり理解してをしないようにしましょう。

 

残クレのデメリットは

  • 走行距離に制限がある
  • 傷や凹みは減額
  • 残価にも金利がかかる
  • 総額が高くなる

が上げられます。

それでは一つ一つわかりやすくまとめたので見ていきましょう

 

走行距離に制限がある

まずは、3年後に返却することを考えている時の注意点です。

最初に設定した残価には様々な条件がついています。

まず走行距離です。

走行距離はメーカーごとに条件が違いますが、だいたい月に1000km~1500kmが目安です。

3年で4万キロくらいです。

で、4万キロをオーバーすると違約金という形で、1キロあたり5~15円(車種によって異なる)かかってきます。

例えば、返却時に走行距離が5万キロの場合は1万キロオーバーなので5万円~15万円の請求が来ます。

他にも減額される条件があります。

 

傷や凹みは減額

最初に残価を設定したと言っても、あくまで仮です。

3年の間に、ぶつけたりこすったりと傷物にしてしまうと減額されてしまいます。

他にも、車内の臭いや汚れも減額対象になるでしょう。

あと、ドレスアップなどの改造をした場合、返却時には元に戻さないといけません。

大きな事故を起こして損傷が激しい場合は、返却不可となることもあります。

このため、車両保険に入ることを強く勧められたり、必須になっていることがあります。

車両保険は絶対につける!という方は問題無いですが、付けないで保険料を抑えている人にはちょっと考えものですね。

 

こういったことから、「奥さんがぶつけそうで心配」「子供が食べ物や飲み物をこぼす」「車内でタバコをすいたい」という方はかなり減額が予想されます。

残価設定ローンといっても、結局はリースと同じようなものです。

つまり、人の車です。借り物なので「傷つけず、汚さず、いじらず」が大前提ですよね!

 

買い取りを考えているなら、総額がいくらになるのか、金利はどうなのかをしっかり把握してく必要があります。

 

金利を2重にとられる?実は残価にも金利がかかっています

残クレの勘違いでよくあるのが、残価を差し引いた分に金利がかかると思っていることです。

でも違います!

残価にもちゃんと金利がかかっているんです。

つまり、300万円の車を残クレで購入した場合、3年で150万円を支払っていきます。

150万円に対して金利がかかると思っているかもしれませんが、実は300万円分の金利がかかっています。

わかりやすいようにローンの支払いがどんなふうになるのかグラフにしてみました。

zankasettei

つまり、残クレは残価分を最後の支払いにあてて、月々の支払を抑えているに過ぎません

そして、最後に車をディーラーに返すか、買い取るかを選択できるというものなんです。

買い取りを選択した場合、一括払いか分割払いかを選択できるのですが、多くの人が分割払いにすると思います。

すると、そこからまた自動車ローンを組むので、また金利がかかってしまうのです。

つまり最初の3年間は300万円に対して金利がかかり、その後再度ローンを組むと150万円に対して金利がかかることになります。

最初から300万円を長期ローンでくんだほうがお得ですよね。

金利にもよりますけど・・・。

 

残価設定と通常ローンをシミュレーションしてみた。総額はいくら?

総額300万円を残クレで購入する場合と、通常のローンで購入する場合でシミュレーションしてみました。

とはいえ、頭金の有無、ローンの期間、金利の変動によって全く異なった結果が出ると思うのであくまで参考程度に・・・。

通常ローンの場合

支払回数 金利 月々の支払額 総額 利息分
36回(3年) 3.9% 88,439円 3,183,788円 183,788円
60回(5年) 3.9% 55,114円 3,306,857円 306,857円

Goo-netマイカーローンシミューレションより

残クレの場合

支払回数 金利 月々の支払額 総額

最終支払額
(残価分)

利息分 
36回 3.9% 53,400円 3,258,522円 1,388,889円 258,522円
60回(5年) 3.9% 43,100円 3,380,466円 833,333円 380,466円

スズキファイナンスより

比較してみて分かるように、残価の分の元金が減っていかないので、通常ローンよりも利息分が高くなっています。

ただ、毎月の支払額は少なくなるのは魅力的にうつるでしょう。

もう一つ注意点が、残クレの場合の最終支払額です。

36回払いにすると、最終支払額が138万ほどになります。(これは残価率がどのくらいになるかで決まるので車種やメーカーによって違ってきます。)

この138万円を一括で支払うことができたら良いのですが、多分ムリなので、さらに2年のローンを組むことにしましょう。

そうすると。。。

借入額 金利 月々の支払額 総額 利息分
138万円 3.9% 59,865円 1,436,760円 56,760円

となります。

この時のポイントは金利です。多分3.9%という金利は適用されないと思います。

通常、中古車の場合新車よりも金利が高くなり6~8%くらいが平均のようです。そうなるとさらに金利分がかさむことになりますよね・・・。

借入額 金利 月々の支払額 総額 利息分
138万円 8% 62,414円 1,497,928円 117,928円

金利って怖いですね・・・。

 

毎月の支払額を抑えたいのであれば長期ローンのほうがお得かもしれませんよ・・・ってことです。

5年ローンの場合の総額は3,306,857円ですが、残クレ3年と2年のオートローン(8%)なら3,426,424円となり、5万6千円ほど残クレのほうが高くなります

ま、金利操作でどうにでもなりますけどね(笑)

 

基本的に通常ローンよりも残クレのほうが金利が高く設定されていることが多いようなので、どっちにしろ総支払額を比較すると損をすることになると思います。

とはいえ、金利は銀行かディーラーか、その他の金融機関からなのかで金利がぜんぜん違うので、しっかり調査しましょう。

銀行のオートローンが金利が安くてオススメですが審査が厳しく時間がかかるので、車選びを始めたら銀行も回ってみることをおすすめします。

 

 

 

購入者よりもメーカーが得する残価クレジット

ディーラー側は残価設定クレジットを結構おすすめしてきます。
この制度はディーラー側にかなりお得なんです。

メリットとデメリットを見てきてもらってうすうす感づいたかも知れませんが、残クレは3年(5年)ごとに新車を買い替えを推奨している制度です。
残クレで買い替えるなら同じメーカーを選択する人も増えますし、買い替えが増えればメーカー側の懐も潤います。

3年ごとに新車に乗り換えたいという方は残クレを使うと得かもしれませんが、その他の方にはあまりおすすめする支払い方法ではないです。

「月々の支払額が安くなるなら予算をちょっと超えても大丈夫かな?」
なんて考えていたら購入後には確実に損をします。

車は高い買い物です。見栄や欲で自分の身の丈以上の車は絶対に買わないことです。

維持費やローンで生活が圧迫されますし、次の買い替えのことも考えておかないといつまでたってもお金がない状態でしょう。

 

残価設定クレジットで買ってもいい人は?

じゃ、残クレは悪なのか?と言われればそうではありません。
自動車メーカーの車を買わせる上手な方法ということには変わりませんが・・・(笑)

残クレを利用して得するのはこんな方

「3年(5年)ごとに新車に乗り換えたい方」
「単身赴任などで3~5年だけ車が必要な方」

つまり、今だけ必要な方と、3~5年ごとに新車に乗り換えるという方は残クレを利用してもいいと思います。

とはいえ、残価が本当に適正かわかりませんよね。
3年後に売るなら、ディーラーよりも買取業者に売ったほうが高くなるかもしれません。そうなったらやっぱり損ですよね。

とは言え、毎月の支払額が安くなるのは、お金に余裕が無い人にとっては嬉しい事なんでしょうけどね。

総支払額を考えたら普通の自動車ローンか現金で購入を考えたほうがいいでしょう。

 

もっとお得に車を購入する方法

残クレを検討しているということは、車を購入予定ということですよね。

月々の支払を安くするのはとても大切ですが、車をなるべく安く購入するのもとっても大切ですよね。

値引き交渉をして、今乗っている車を高く売れば10万円以上も安くなります。

交渉が苦手!という方も簡単にできる方法をまとめたので参考にしてくださいね!

 

→損しないための値引き交渉マニュアル

 

まとめ

一番得する車の買い方は、現金一括支払いで乗り潰すまで乗ることです。

そうすれば、クレジット会社に利息を支払わなくてもいいし、購入費用は約10年に一度に抑えられます。

今の車はとても丈夫になってきているので、10年、10万キロなんてまだまだへっちゃら!20年くらいは乗れるんじゃないでしょうか?

維持費や修理費が高くなるから買い換えるという方もいるかもしれませんが、車購入で大きな部分を占めるのは車両本体価格です。

軽自動車でさえ200万円以上しますからね。

普通車なら300万円以上します。10年間乗ると考えると1年あたり30万円、月額2万5千円です。

壊れたところは修理して、10万円以上の車検費用を払っても乗り続けたほうがお得かもしれませんよ。

 

とは言え、生活の変化や心境の変化で新しい車がほしくなりますよね。

買い換えようかな!?と思ってディーラーに行った時に残価設定ローンをすすめられたらこのサイトのことを思い出してくださいね!

kurumanebikibana

 

 

残価設定のここがわからない。教えてQ&A

残価設定について質問が多いことをQ&A形式で答えていきます。

 

中途解約はできるのか?

残クレを利用して車を購入すると、車検証の所有者名義はディーラーのものとなります。
中途解約したいなら、契約書をよく見てみましょう。

多分、残りの残債と違約金を払えば、契約の途中であっても車を返却できます。
違約金がいくらかは契約書に書いてあると思います。

また、契約の途中で繰り上げ返済も可能なので3年以内に買い取ることもできるますよ。

頭金は必要ですか?

頭金を支払えばそれだけ返済額も減るのであったほうが良いでしょう。

でも必ず必要なわけではないですし、頭金が払えない人のための支払い方法とも言えます。

頭金がなくても、月々の支払が安くなる!というプランですよ。おすすめしませんがw

 

事故を起こしたらどうなる?

残クレで購入した車で事故を起こしたらどうなるのか?と気になる方もいるでしょう。

事故を起こした場合、当然車の評価額が下がります。そうなると、3年後の返却時にかなりの減点になるでしょう。

この減点分を相手に請求できるのか?というのが難しいところで、評価損は基本的に認められないことになっています。

だから、事故で壊れた部分は相手に請求できますが、事故車扱いになって減点される分は自分が支払わないといけないのです。

ただ、ケースバイケースなので、保険会社と交渉をして見るのが良いでしょう。

 

もし、事故で全損指定しまった場合は残りの支払金額を全額一括払いということになります。

この場合も保険に入っていれば大丈夫でしょう。自損事故の場合は車両保険に入っていないと保険で賄えないので、車両保険も検討する必要があります。

 

自分好みのオプションは選べる?

購入時にお願いしたメーカーオプション等は自分の好きに選ぶことができます。

しかし、購入後に社外エアロをつけるなどの改造はNGです。

返却時に元に戻せば良いのですが、車体に穴を開けたりなどの工事が必要の場合は返却時に減点対象になるので注意して下さい。

後付したいオプションがあるならディーラーで確認をしてみましょう。

スモークフィルムなどすぐに元に戻せるようなものなら、変えても大丈夫ですよ。

 

値引きはできるの?

基本的にはできます。

が、販売店の意向によるでしょう。

残クレはリースと同じで後々返してもらうので値引きはできない!というところもあるようです。

車の値引き額は現金なのかローンなのかでも値引き額は違ってきます。

最近は残クレで買ってもらいたいようなので、交渉次第では値引きも大きくなるかもしれません。

最初から残クレで買うと言わないで、交渉した後に支払い方法を決めるなどの工夫をすると良いでしょう。

残クレでもローンでも現金でも安く買うためにはとっても大切なことですから。

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

 

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うなら知っておきたい!

  1. compactranking0
    中古車を探しているなら必見!どこで買ったら安く安心して買えるのか?
  2. 残価設定クレジットの落とし穴
    甘い言葉に引っかかるな! 残クレの危険な落とし穴とは?
  3. nebiki3
    誰でも簡単に最大値引きができちゃう方法。 車を買い換えるなら知っておかないと損!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. eigyoman
    車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう…
  2. compactranking0
    2014~2015年にかけて一番売れているコンパクトカーはどれなのでしょうか?新車販売台数でランキン…
  3. セダンランキング
    今人気のセダンはどれなのか?走りも良くてかっこよくて価格もそこそこのセダンは?これからセダンを買おう…

車の雑学

  1. ijihi-icach
    ちょっと計算したら意外な事実が判明しました。車は一生で一番高い買い物になるかもしれません!「車の維持…
  2. kyuyuguti
    あれ?この車の給油口って右?左?自分の車でさえ給油口の位置を忘れてしまうぴょん吉です・・・(# ゚Д…
  3. Driving on Highway
    最近の車は非常に燃費がいいですよね。ハイブリッド車で一番燃費の良いアクアはカタログ燃費で37.0km…

え?あのボロ車がこの値段で?

値引き交渉の3つのポイント

kurumanebikibana

ページ上部へ戻る