ハリアーマイナーチェンジ

ハリアーの維持費は高いのか?月々の税金やガソリン代を計算してた。

投稿日:


ハリアーって高級車のイメージがあって維持費が高そうですよね。

「ハリアーを買いたいけど、維持できるのか心配・・・・」

そんな方はぜひ参考にしてくださいね。

 

維持費には、自動車税や重量税などの税金、ガソリン代やオイル代などの消耗品費、駐車場代や任意保険などの固定費があります。

月々出ていくものから、2年に一度支払うもの、数年に一度のものなどお金が必要な時期はバラバラです。

 

それらの維持費を年間と月間の平均を出してみました!

 

ハリアーの年間/月間の維持費を計算

ハリアーの維持費を計算したのが次の表です↓

維持費 年間 月間
自動車税 39,500円~45,000円 3,292円~3,750円
重量税 10000円 833円
自賠責保険 13920円 1,160円
ガソリン代
(年間1万キロで計算)
120,000円 10,000円
駐車場代 120,000円 10,000円
車検費用 40,000円 3333円
任意保険
(11等級 車両保険あり)
100,000円 8,333円
合計 約450,000円 約37,500円

 

ガソリン代は月々どのくらい、走るかによってかなり変わってきます。

 

また、駐車場台は月々1万円で計算しましたが、地域によってかなり変わってくるでしょう。

持ち家などの場合、駐車場代が0円になるので、維持費がグーンと安くなります。

 

保険料も等級や年齢によって金額が変わります。

35歳以上で20等級、ゴールド免許、夫婦限定なら年間6万円くらいになります。(車両保険あり)

 

それでは、それぞれの維持費について詳しく見ていきましょう!

 

ハリアーの購入を決めた方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

→ハリアーの値引き相場はいくら?限界値引きを引き出す交渉術

 

税金

車を所持していると、税金を払わないといけません。

税金には、毎年支払う「自動車税」と車検時に支払う「重量税」、購入時に支払う「自動車取得税」があります。

 

今回は維持費についてなので、自動車取得税は省いて解説していきます。

 

自動車税

自動車税は、毎年支払う必要があります。

5月ころ納付書が届いて、ゲンナリします・・・(笑)

 

ハリアーの排気量は、ガソリン車が1998ccで、ハイブリッド車が2,493ccです。

なので、自動車税が違ってきます。

 

ガソリン車→39,500円

ハイブリッド車→45,000円

 

ハイブリッドのほうが5,500円高いですが、月々に換算するとたった460円高くなる程度です。

 

重量税

重量税は、車検時に支払う税金です。車の重量によって金額が変わってきます。

ハリアーは車両重量が1,580kg~1,810kgなので、20,000円です。

2年に1度なので年間1万円、月間833円です。

 

ガソリン代

車の維持費で大きな割合を閉めるのはガソリン代です。

特にハリアーは燃費があまり良くないので、ガソリン代は高くなってしまいます。

 

ハリアーの実際の燃費は

 

ガソリン車→11km/l

ハイブリッド車→15km/l

ターボ車→9km/l

 

です。

→ハリアーの実燃費

 

月間1,000km走行、ガソリン代が120円とすると

  月間 年間
ガソリン車 10,909円 130,908円
ハイブリッド車 8,000円 96,000円
ターボ車 13,333円 159,996円

という感じになります。

 

いやー、高いですね。

 

我が家は、月間走行距離が1,000kmで、燃費が8km/くらいなので、毎月15,000円ほどかかっています(涙)

 

駐車場代

駐車場台も、大きな割合を閉める維持費の一つです。

 

地域によって料金はかなり違うと思います。

田舎の場合は数千円で済みますが、東京や大阪の都市部だと3万円もすることもあります。

 

我が家は持ち家なので、駐車場台は0円です^^

 

保険

保険には、任意保険と自賠責保険があります。

言葉の通り、任意保険は入っても入らなくてもいいですが、もしものときには自賠責保険だけでは足りないので、入ったほうが良いでしょう。

自賠責保険は強制保険と言われていて、車を持つなら絶対に加入しないといけません。

 

任意保険

任意保険は、等級が6~20まであり、保険を使わなければ1年に1等級ずつ上がっていきます。

20等級になれば保険料もだいぶ下がるのですが、保険に入りたての数年間はかなり高い保険料が発生します。

 

「高い高い・・・」と言いながら我慢して等級を上げていくしかありません><

 

保険料を安くするには、車両保険を外すことも考えられますが、ハリアーは車両価格も高いので、外さないほうがいいでしょう。

少しでも保険料を安くするには、ダイレクト型の保険を選んだり、不要な特約を外すといいでしょう。

 

ただ、ある程度の知識がないと、事故を起こした時に大変な思いをするかもしれません。

安くしたいなら知識をつけましょうね!

→保険料を安くしたいなら、一括見積もりを利用してみましょう

 

 

自賠責保険

自賠責保険は「強制保険」とも呼ばれていて、車を所有するなら必ず入る必要があります。

多くの場合は、購入時に販売店側で手続きをしてくれます。

更新は車検時に行われ、車検代に含まれています。

 

自賠責保険料は、軽自動車が少しだけ安いですが、普通車はどれも同じ保険料です。

 

車検費用

ハリアーの車検費用が高そうだな・・・。と思うかもしれせんが、そんなことありません。

 

車検費用には、「法定費用」と「手数料」と「修理交換費用」の3つがあります。

法定費用は、先ほど紹介した、自賠責保険・重量税があり、どの車も大きく変わりません。

 

手数料は、車検を行う場所で大きく変わってきます。

ディーラーが一番高く、車検専門店やガソリンスタンドはそこそこ安いです。

一番安いのはユーザー保険です。

 

修理費用は、車検時に点検して交換や修理が必要な部分にかかるお金です。

車の部品はすべて消耗品なので、長く乗れば乗るほど修理や交換費用が高くなります。

 

先日我が家の愛車が11年目の車検だったのですが、30万円かかりました・・・。

 

車検について詳しく知りたい方はこちら

→車検費用の相場はいくら?

→ユーザー車検ってどうやるの?

 

 

まとめ

ハリアーの維持費は年間45万円

月々に換算すると37,500円程度になるでしょう。

 

ハリアーだから、高いわけではありません。

プリウスでも、ヴェゼルでも同じような金額になります。

 

「ハリアーは自動車税がちょっと高いかなぁ」と思うかもしれませんが、年間5,000円とか1万円です。

月々に換算すれば大したことありません。

 

一番高いのは、ガソリン代と任意保険代、駐車場台です。

維持費を安くしたいなら、任意保険の見直しを擦るといいかもしれませんね。

→保険の見直しならまずは一括見積もり

 

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-ハリアー

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.