新型プリウスαの口コミ。7人乗りで狭くない?乗り心地や燃費も

投稿日:


2014年11月にマイナーチェンジをしたプリウスα。

マイナーチェンジでは、LEDライトを採用したりシートを8ウェイパワーシートにしたり、カラーを4色追加したりと細かなところが変わりました。

プリウスαといえばファミリー向けプリウスというイメージで、プリウスよりも室内が広くなっています。

そんなプリウスαは実際のところどうなのか?
気になる方のために口コミをまとめましたので参考にして下さい。

ぴょん吉も先日乗ってきましたよ~。

→プリウスαの試乗レポートはこちら

 

プリウスαの口コミ。実際どうなのよ?

プリウスαを実際購入して乗っている方に、乗り心地や実燃費、室内空間の広さなどなど、生の声を集めましたので参考にして下さい。

満足している所

  • 燃費がいい!我が家の平均実燃費は18キロ
  • 荷台が荷物がたくさん詰める
  • めっちゃ静か!
  • 安全性が高く家族がいる方も安心
  • ラゲッジスペースのアンダートレイが深くて便利

不満な所

  • MCでちょっとよくなたけど内装がチープです・・・。
  • 燃費はいいが、本体価格が高いのでコスパは微妙かな
  • サードシートは狭くすわり心地も微妙。

 

燃費が良いファミリー向けのハイブリッドカーが欲しい!
そんな方にオススメなのがプリウスαです。

ハイブリッド車の先駆者であるプリウスよりも室内が広いので、ゆったり乗れますし荷物もたっぷり詰め込めますよ。

実際に乗っている方々の評価も高く、「燃費がいい」「静か」「広い」などの声がたくさんありました。

ただ、ミニバンに比べるとどうしてもサードシートは狭くすわり心地が悪いので3人子供がいるご家庭や、7人フルで乗ることが多い方はちょっと厳しいかも。

あとは価格が高めなので、予算奥さんと相談する必要がありそうです・・・(笑)

 

 

 

プリウスαの特徴

まずは動画を御覧ください↓

 

広いラゲッジスペース

プリウスαを選ぶ人が最も気にする点といえばラゲッジスペースの広さですが、その点は問題ありません。
プリウスαのラゲッジスペースの広さが、5人乗りの状態でも535Lは確保されています。

プリウスがぬいぐるみを102個収納できるのに対して、プリウスαは149個も収納できちゃうんです!
ラゲッジスペースの最大幅は1580mm、最小でも995mm、そして長さは985mmあります。

3列目シートをフラットにすれば、その広さは倍の1070Lにも達するのです。
おまけに、ラゲッジスペースの下には、アンダートレイも用意されています。

ちょっとした小物などを収納する際には非常に重宝しそうです。
荷物をあまり載せない人はプリウスを、荷物を結構載せる人はプリウスαを選ぶ傾向にあるようです。

多彩なシートアレンジ

室内をより広く活用するため、プリウスαには多彩なシートアレンジが用意されています。

前述したように、3列目シートを倒せば広大なスペースが生まれます。
しかも、3列目シートはワンタッチで簡単に倒せるのがうれしいですね。

さらに2列目シートも倒せば、もっと大きなスペースが生まれるのです。
これならば、多い荷物もさほど気にする必要はありません。

左側の1列目から3列目までを倒せば、サーフボードなどの長尺の荷物も楽々積み込めます。

ハイブリッドの実力。実燃費はどのくらい?

ハイブリッドカーであるプリウスαの燃費は、26.2km/l。

ライバルであるホンダのジェイドのハイブリッドが25km/lですので、プリウスαのほうが低燃費です。

「ハイブリッドに乗るからには燃費は気になる」という声もありますので、この点はプリウスαが有利ですね。
ジェイドはコンパクトカーのフィットをベースにしているので、その重量差が400キロ程度あります。

プリウスαのベースはもちろんプリウスで、その重量差は100キロほど。
もともとハイブリッド専用で設計されている点も、燃費の差につながっています。

で、実燃費はどのくらいなのか気になる方も多いともいます。

プリウスαの実際の燃費は、平均19km/lくらいのようです。
高速や街中など道路状況で全然変わってきますが、悪くても15キロは切らないでしょう。
良い場合は20キロ以上の燃費なので、満足度はかなり高いですよ。

 

安全装備が充実

プリウスαには安全のための装備が充実です。

ライト類は歩行者や車への視認性がとても高いです。

ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。
「うっかりハイビームのままの時もあったので、これはありがたい」との声もあります。

ハイブリッドカーは静かゆえ、歩行者は気づかないことも。
そこでプリウスαには、EV走行中やバック時に音が鳴る機能も付いています。
道路上のラインを逸脱しそうになると警告してくれる機能もあります。

また、ミリ波レーダーでの衝突回避システムもありますよ。

グレードごとの価格は?

S Lセレクション:247.9万円~
S:262.2万円~
S: ツーリングセレクション:313.6万円
G:317.8万円
G ツーリングセレクション:317.8万円

グレードが低いと、LEDライトではなくハロゲンライトだったり、ステアリングがウレタンだったりと質が落ちます。
機能面ではクルーズコントロールや電動ランバーサポートがついていないなどです。

このへんは予算や好みに合わせて選べばいいと思いますが、ある程度の装備はあったほうがいいでしょう。

人気のグレードは中間層のGでしょう。

ナビやETCなどのオプションや諸経費を入れると350万を超える価格になってしまいますね。

ハイブリッドなので仕方ないところはありますが、やはりちょっと価格が高い気もします。

 

まとめ。プリウスαは買いなの?

プリウスαは総合的にかなり良い車といえるでしょう。

室内も広々していて、子供がいるなら7人乗りを選ぶこともできますし、アウトドアスポーツなどをするなら5人乗りで荷台を広々使えます。

燃費はプリウスやアクアには負けますが、このサイズならかなり良い数字です。

ただ、気になるのが価格。
ハイブリッド車は燃費が良い分、価格が高めになっていますが、ガソリン代では充当できる額じゃないですよね。

この辺を考えるとハイブリッドは価格で選んじゃダメってことです。
エコとか静かで乗り心地がいいとか、この車に惚れた!といった理由で選ぶのではないでしょうか?

値引きは20万円以上は狙えるので、ライバルであるホンダジェイドを競合にして交渉をがんばるのもいいでしょう。

 

気になるならやはり試乗するのが一番です。

今回まとめさせていただいた口コミをみてどこを重点的に見てくるかを決めてから試乗することをおすすめします。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-トヨタ, プリウスα

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.