タンク・ルーミーの値引き相場は?限界値引きを引き出す交渉術

投稿日:

Pocket

dBの後継車として人気のある2車種「タンク」と「ルーミー」ですが、人気があるだけにあまり値引きが期待できないと思っていないでしょうか?

だからといって、ディーラーの言い値で購入していては、決して得はできません

人気車種であっても、諦めることなく値引き交渉をすることで、十分な値引き額を引き出すことができるのです。

 

もちろん、特別な方法でありません。

値引きの相場をしっかりと把握し、値引き価格を引き上げることができる交渉術のポイントを押さえておけば良いだけなのです。

ここでは、そんな「タンク」と「ルーミー」の値引き相場と交渉術について詳しく解説していきます。

 

値引き相場はいくら?

「タンク」と「ルーミー」の値引き相場をインターネットや車情報誌などの情報で確認してみたところ、これら2車種の値引き相場は「18万円程度」になっていました。

合わせて、オプション費用については、10%から15%程度の値引きが見込めるようです。

 

つまり、「タンク」「ルーミー」を購入するに当たっては、18万円+オプション費用の15%程度の値引き価格を引き出すことができれば、合格と言えるでしょう!

 

しかし、交渉次第では20万円超えの値引きも可能です。

さらに、もっとお得に買うには、愛車を高く売るといいでしょう。

 

ディーラー下取りではあまり高い査定価格が付かないので、買取専門店に売るほうがいいでしょう。

 

交渉方法と愛車の売り方を詳しく見ていきましょう!

 

タンク・ルーミーの限界値引きを引き出す交渉術のポイント

値引き交渉の鉄板と言えば、「ライバル車との競合」です。

タンク・ルーミーのライバルと言えば、兄弟車のダイハツ・トールとスバル・ジャスティです。

兄弟車なので、デザインやスペックはほぼ同じです。

 

うまくいく交渉術のコツは?

では、どのように交渉を進めていくといいのか?

 

まずは、タンク・ルーミー・トール・ジャスティを4つのディーラーに足を運び試乗し、見積もりをもらいましょう。

それぞれの販売店は以下の通り↓

 

タンク→ネッツ店・トヨペット店

ルーミー→トヨタ店・カローラ店

トール→ダイハツ

ジャスティ→スバル

 

トヨタは4つの販売チャネルを持っており、それぞれ経営資本が異なるので、すべて回ってみるべきです。

上記の6店舗を回ってみると、値引きやサービス、営業マンの態度などわかるはずです。

 

初回の交渉

初回の見積もりのときには、買う気満々というアピールをしておくといいでしょう。

 

「なるべく早く決めたいので、最初から最大値引きでお願いします!やすければ安いほうがいいので!」

「トールやジャスティも考えていて、値引きやサービスがいいところで買おうと思います!」

 

などと言っておくといいでしょう。

 

見積もりをもらって、値引きの大きな店舗、営業マンとの相性がいい店舗などを残して2回目の交渉に挑みましょう!

 

初回の交渉で必要なのは、買う気があるということをアピールすることです。

「まだ決めていないんですが・・・」と言うより「タンクを買いたい!!」という気持ちを持っている方が営業マンの印象もいいです。

その中で、「ルーミーやトール、ジャスティも見てみたい」などと迷っていることも印象づけると良いですよ。

 

下取り車については初回は「下取りなし」で交渉しましょう。

その間に、買取業者に一括査定を依頼して、どのくらいの査定額が出るのかを知っておくといいですよ!

 

2回目の交渉

2回目の交渉では、他店の情報を出しながら交渉していくといいでしょう。

「A店のほうが条件が良いので、A店を優先に進めていこうと思っていますが、もう少し値引きできませんか?」

と、他店の条件を伝えて競い合ってもらうのもいいでしょう。

 

また

「嫁さんがジャスティを気に入ってしまい、しかもサービスもいいんです。僕はタンクが気に入っているのですが、この条件だと説得させることができません!」

など嫁さんをダシに使うのもいいでしょう。

 

このあたりから、営業マンとのかけひきが始まります。

営業マンは条件を良くして、即決を迫ってきますが、絶対に即決してはいけません!

 

断りづらいときは

「妻と話し合ってまた来ます!」

と決定権がある妻(または夫、親)と相談すると言うと、引き下がるしかありませんから。

 

良い条件が出たら、その条件を他店にぶつけていきます。

こうすることで、かなりギリギリの値引きが引き出せるはずです。

他店でさらに良い条件が出たら、本命の営業マンに電話をして伝えるともう少し頑張ってくれるかもしれません。

 

3回目の交渉

そろそろ最終決戦!

値引き価格もかなりいい線に来ていると思います。

 

3回目の交渉では、下取りの価格と、サービスの交渉をしていきます!

 

「やっぱり下取りに出そうと思うのですが、どのくらいになりますか?」

「買取店にも査定をお願いしていて、高い方に売ろうと思っています!」

 

などと伝えて査定してもらいましょう。

ディーラーの下取り査定額はあってないようなもの。

本体値引き額を下取り額に入れて値引き額を大きくしたりするので、値引き額が大きくなる可能性もあります。

もし、下取り査定が低かったら、買い取り店に売ればそれだけお得になりますよ。(詳しくは後述します)

 

また、最終交渉ではオプションをサービスしてもらうことも考えましょう!

 

「予算が限られているのですが、このオプションが欲しい!サービスしてもらえませんか?」

「この金額で、オプションをサービスしてくれたら、この場で決めます!」

 

などと、サービスをお願いして、応じてくれたら即決する!と伝えるのも効果的です。

 

サービスが期待できるオプションはこちら↓

 

フロアマット

雨除けバイザー

ナビやETC取付工賃

希望ナンバー

ガソリン満タン

 

他にも、欲しいオプションを「サービスして!」とお願いしてみると意外とOKを貰えるかもしれません。

 

交渉はなかなか大変で思っていたように進まないこともあります。

営業マンも利益を出すために必死ですからね。

 

「絶対に限界値引きを出すんだ!」

という方は、徹底的に粘ってがんばってください。

 

そこまで頑張る必要ないでしょ・・・

と考えているなら、どこかで折り合いをつけて契約すればいいでしょう。

 

ただ、今乗っている車を高く売ることは忘れないように!

交渉せずに15万円以上お得に買えるかもしれないですからね。

 

愛車を高く売る

実は、タンク・ルーミーを最大限安く買うには、下取りがいちばん大切なところです。

 

「いま持っている車をディーラーへ下取りに出すことで、通常以上の値引きをしてもらった」という話も聞いたことがある人はいるでしょう。

しかし、ディーラー下取りをしてもらって本当に得をしたのかどうかが分かるのは、自分の車の価値を知っている人だけです。

自分の車がいくらで売れるのかを知らない人が、言い値で買い取ってもらって得をしたと言えるかどうか分かるはずがありません。

 

ディーラー下取りよりも16万円も高く売れる

一般的にディーラーの下取り価格は、車の買取専門店の査定価格よりも低く設定されていると言われていますので、本当の車の価値は買取専門店の査定価格だと言えます。

 

そのため、自分の車の本当の価値を知るには、買取専門店で査定してもらわなければいけません。

「車の一括査定サイト」を利用すれば、1度の申し込みで、多数の車買取店へ見積もり依頼を行うことができます。

その上で、興味のある店から問い合わせがあり、仮査定を行ってもらうことができるのです。

 

時間があるなら、仮査定で高い査定額を付けてくれた3社ほどを選び、出張査定してもらいましょう!

 

ディーラーで下取りに出すよりも、平均16万円も高くなるというデータもあります。

 

値引き交渉を一生懸命頑張っても15万円~20万円ですが、ネットの一括査定を利用するだけで、16万円以上もお得に買うことができるのです。

 

お得に車を買い替えたいなら、一括査定をおすすめします。

私もこの方法で、ディーラーで10万円と言われた10年落ちのセレナを25万円で売ることができました!

どんなオンボロ車でも価格がつくこともあるので、自分で判断せずに査定してもらいましょう。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

グレードごとの乗り出し価格はいくら?

「タンク」「ルーミー」の値引き相場については、おおむね15万円+αです。

しかし、単純に「車体価格+オプション費用」からこの金額を引いたお金で「タンク」「ルーミー」に乗れるわけではありません。

 

車を購入して乗るためには、「車体価格+オプション費用」に加えて、各種税金や自賠責保険料、各種登録料などの諸費用が必ず必要になるのです。

これらの金額も加えた「乗り出し価格」を把握しておかなければ、せっかく値引きしてもらったのに、予算オーバーしてしまったということにもなりかねないでしょう。

 

ここでは、そんな不幸を防ぐため、「タンク」「ルーミー」を購入して乗るまでにかかる金額を紹介します。

車種や重量など諸条件で税額が変わってきますので、幅はありますが、一般的な乗り出し価格は「車体価格+オプション費用」の1割から2割かかると言われています。

それを踏まえて、オプション費用を20万円とした場合の「乗り出し価格」が以下になります。

グレード 駆動 車両本体価格 乗り出し価格
カスタムGターボ 2WD 196.6万円程度 238.3万~259.9万円程度
カスタムG 2WD 177.2万~183.6万円程度 216.9万~244.3万円程度
  4WD 194.4万~200.1万円程度 235.8万~264.1万円程度
Gターボ 2WD 180.4万円程度 220.4万~240.5万円程度
G 2WD 162.0万~168.5万円程度 200.2万~226.2万円程度
  4WD 179.3万~185.8万円程度 219.2万~247.0万円程度
X 2WD 146.4万~152.9万円程度 183.0万~207.5万円程度
  4WD 163.7万~170.1万円程度 202.1万~228.1万円程度

 

乗り出し価格から、愛車の下取り価格を引いた金額が乗り出し価格となります。

下取り価格がだいたいいくらになるのかを、事前に調べておいて、予算を決めて交渉するといいでしょう。

 

予算を決めて交渉する!

たとえば、愛車が50万円で売れるとしましょう。

グレードGを購入するなら、オプションと諸費用を入れると総額が226万円程度になります。

値引きが20万円(多めに設定)、下取り価格が50万円なら、156万円です。

 

なので、予算を150万円にして値引きが渋いようなら

「予算が150万円なので、ちょっと予算オーバーです。150万円を超えると嫁さんがOKをしてくれないので、もう少しなんとかなりませんか!?」

などと交渉すれば、なんとかなるかもしれません。

 

平社員の営業マンが担当なら、奥に引っ込んで店長と交渉してくるかもしれませんし、店長が出てくることもあります。

最大値引きを引き出すには、平社員ではなく店長決済や部長決済まで持っていくのがポイントです!

 

かけひきが必要ですが、足を使って、ディーラーを周り、口を使ってうまく交渉していくと、限界値引きが出てくることもあるので、粘って交渉したいところです。

 

事前に愛車の査定価格を知るためには、買取専門店に査定してもらうといいでしょう。

ディーラー査定よりも高い価格がつくので、交渉もしやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-タンク・ルーミー

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.