【2019最新】オデッセイのフルモデルチェンジ予想!発売時期は?

投稿日:

自分
オデッセイがフルモデルチェンジするんだって?いつ?どう変わるの?

そう、近いうちにオデッセイはフルモデルチェンジする予定です。

ミニバンを検討中の人にとっては気になる情報ですよね。

そこで、次期オデッセイの発売時期価格改良点をまとめました。

まだまだハッキリとしたフルモデルチェンジ情報はありませんが、色々な要素から予想・検討ができます。

同じくフルモデルチェンジを控えたライバル車の動向からも目が離せません。

では早速、オデッセイのフルモデルチェンジ時期から見ていきましょう。

フルモデルチェンジは2019~2020年

出典:オデッセイ公式サイト(画像は現行モデル)

オデッセイは2019年後半~2020年にかけてフルモデルチェンジする予定です。

自分
ん、今年なの?来年なの?どっち?
ぴょん吉
発売時期に関しては情報が錯綜していて、ハッキリ分かっていないんだ

それぞれの根拠を見てみましょう。

2019年説

オデッセイはこれまで、4~5年周期でフルモデルチェンジをしてきました。

下の表を見てください。

モデル発売年月マイナーチェンジ年月
初代1994年10月1996年9月
2代目1999年10月2001年11月
3代目2003年10月2006年4月
4代目2008年10月2011年10月
5代目(現行)2013年11月2017年11月

この表から、以下のようにフルモデルチェンジの時期が分かります。

  • 前モデルの登場から4~5年後
  • 前モデルのマイナーチェンジから2~3年後
自分
現行モデルの登場は6年前、現行モデルのマイナーチェンジは3年前だね
ぴょん吉
時期的に、もう6代目が登場しても良い頃なんだよ
自分
あとフルモデルチェンジって、絶対に10月か11月に行われているんだね
ぴょん吉
そうなんだ。だから2019年にフルモデルチェンジするなら、やはり10月か11月が濃厚と言われているよ

そしてもう1つ、ライバル車の動向も決め手となっています。

後ほど紹介しますが、トヨタの「エスティマ」「アルファード」2020年以降にフルモデルチェンジ予定です。

ぴょん吉
その前にオデッセイがフルモデルチェンジをして、ライバル車を迎え撃つのではないかと予想されているんだ
自分
それなら、何としてでも今年(2019年)中には発売しておかないとね

2020年説

一方、口コミや噂を見ると、今年ではなく来年(2020年)発売説が有力です。

ホンダカーズで聞いたのは、今年(2019年)はフイットが出るけどオデッセイは無さそうで、来年なら、ハイブリッドが出た春先から秋かもしれないってことでした。

引用:価格.com

(オデッセイのフルモデルチェンジは)今年はほぼ無いと思われます。製造関係からの話ですと、年内発売の段階にはまだ無いので、来年が濃厚だと思います。

引用:価格.com

自分
関係者から聞いたなら、こっちの方が確実かもね

いずれにしても、2019年か2020年にフルモデルチェンジするのはほぼ確実でしょう。

気になる価格は?

6代目オデッセイの予想価格は、

308万円~375万円

です。

参考に、歴代オデッセイの新車価格を見てみましょう。

モデル価格
初代179.5万円〜359.5万円
2代目223万円~351万円
3代目225万円~315万円
4代目239万円~435万円
5代目(現行)298万円~365万円
6代目(予想)308万円~375万円

自分
現行モデルより10万円アップってこと?
ぴょん吉
そうだね。根拠は以下の通りだよ
  1. オデッセイは、同じくホンダのアコードから派生して開発された車
  2. そのアコードハイブリッドが、フルモデルチェンジで約10万円の値上げが予想されている
  3. 同じくオデッセイも10万円ほど値上げがされると考えられている

ただし、ライバル車に勝つために大幅な改良を加えるのなら、予想価格より大きく値が上がるかもしれません。

フルモデルチェンジでオデッセイはどう変わるの?

出典:オデッセイ公式サイト(画像は現行モデル)

自分
発売時期がハッキリしてないなら、6代目オデッセイの性能面は全然分かってないのかな?
ぴょん吉
日本での発表はまだだけど、北米版オデッセイを参考に予想できるよ

実は北米では、2019年モデルのオデッセイが発売済み。

出典:USホンダ公式サイト

ぴょん吉
でも日本のオデッセイとはスペックや車体の大きさ等が異なるから、あくまで参考程度にとどめているよ

エンジン性能が上がり燃費も向上する

出典:オデッセイ公式サイト

北米版オデッセイには、「3.5リッター V6直噴i-VTECエンジン」というパワフルなエンジンが採用されています。

しかし狭い日本ではこれほどの馬力は必要ないので、ニーズもありません。

従ってエンジンに関しては、北米版オデッセイは何の参考にもならないのです。

ここでは、日本の現行オデッセイを参考に予想してみましょう。

ハイブリッド車

現行オデッセイに採用されているハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」

次期モデルではこのシステムを進化させ、30.0km/Lの燃費性能を目指すと言われています。

自分
ミニバンで30.0km/Lはスゴイね

参考に、主なミニバンの燃費を見てみましょう。

車種カタログ燃費
オデッセイ(現行)26.0km/L
エスティマ18.0km/L
アルファード19.4km/L
ヴェルファイア19.4km/L
ぴょん吉
今でもオデッセイの燃費は他のミニバンを圧倒しているけど、この差がさらに開くのか注目だよ

さらにもう1つ、ハイブリッド車に関する情報があります。

2019年現在、オデッセイの販売台数の多くを占めるのがハイブリッド車です。

そのためフルモデルチェンジ後は、オデッセイはハイブリッド車のみの取り扱いになるという見方もあります。

ぴょん吉
燃費性能に優れた、経済的なミニバンでライバル車と勝負って感じだね
ガソリン車

現行オデッセイには2.4リッターエンジンが搭載されています。

次期モデルには、1.5リッターターボエンジンが採用されるという予想があります。

ぴょん吉
「CR-V」や「ヴェゼル」に搭載されているエンジンだよ

2.4リッターから1.5リッターと排気量は下がりますが、それをターボ機構で補います。

自分
ターボ?
ぴょん吉
エンジンに多く空気を送り込んで、小さい排気量(1.5リッター)でもそれ以上のパワーが出せるようになる装置だよ

エンジン変更によるメリットは他にもあります。

自動車税です。

総排気量自動車税
1.5リットル~2リットル未満39,500円
2リットル~2.5リットル未満45,000円

上記の表と照らし合わせると、現行オデッセイの排気量は2.4リットルなので45,000円です。

しかし1.5リッターターボエンジンになれば、税額は39,500円になります。

ぴょん吉
5,500円の節税効果を得られるんだよ
自分
5,500円は大きいね。毎年払うものだし

3年乗り続けると16,500円の節税効果。

16,500円あれば、オプション選択の幅も広がります。

例えば下の「フットライト」は税抜き16,000円。

出典:オデッセイ公式サイト

こんな上質オプションが、浮いたお金で付けられちゃいますよ。

【エクステリア】全高はさらに高く

北米版オデッセイは、ボディにアルミ素材などを用い、頑強にしつつも軽量化を実現しています。

出典:MOTA

日本の次期オデッセイもこの流れを汲み、加えて車高を高くするようです。

参考までに、歴代オデッセイ(日本)の車体の大きさを見てみましょう。

モデル全長全幅全高
初代4,7501,7701,645~1,660
2代目4,770~4,8351,795~1,8001,630~1,655
3代目4,7651,8001,550~1,570
4代目4,8001,8001,545~1,565
5代目(現行)4,8301,800~1,8201,685~1,715

※単位はmm

全幅はあまり変化がありませんが、全長は代を重ねるごとに大きくなっています。

そして全高は、これまで縮小傾向だったのが現行モデルで一気に高くなりました。

6代目ではさらに車高を増し、ライバル車を迎え撃ちます。

ぴょん吉
アルファードやヴェルファイアなどの大型ミニバンを意識しているのかもね

もうちょっと細かいところまで見ると、シーケンシャルターンランプを採用するとのこと。

自分
シーケ・・・なに?美味しいの?
ぴょん吉
動画があるよ。見てみよう

自分
ああ、最近よく見る流れるようなウインカーのことね
ぴょん吉
上の動画はN-BOXだけどね

日本の次期オデッセイは、北米版オデッセイに負けないインパクトのある外観になりそうです。

【インテリア】より高級感ある仕上がりに

出典:MOTA

北米版オデッセイのインパネは、上画像のように液晶パネルが使用されています。

自分
かっこいい~。日本でもこうなるのかな?
ぴょん吉
そのようだよ。日本の現行オデッセイのインパネは、下のようにタコメーターが使用されているね

出典:オデッセイ公式サイト

自分
タコメーターも味があって良いけど、時代の流れ的にデジタル表記になるんだろうね

また、ライバル車を意識して内装をさらに高級感溢れる仕様にするようです。

同時に収納スペースドリンクホルダーも増やすと言われています。

よりゴージャスに、使いやすく進化を遂げるでしょう。

ぴょん吉
ちなみに北米版オデッセイには「マジックスライド」という機能が備わっているよ
自分
魔法の、スライド?なにそれ楽しそう
ぴょん吉
マジックスライドは、2列目の中央座席を取り外して左右の席を真横にスライドできる機能なんだ

出典:MOTA

車体が大きい北米版オデッセイならではの機能ですが、日本版にもぜひ搭載して欲しいですね。

ぴょん吉
さらに北米版オデッセイには、「つながる」機能が装備されているよ
自分
「つながる」って何が?
ぴょん吉
ナビに後部座席を映せて、後ろの人とマイクやスピーカーを使って話ができるんだよ
自分
乗っている人みんなが「つながる」ってことね。車内が広いオデッセイならではだね

これまた日本での採用は未定ですが、家族旅行が今まで以上に楽しくなりそうな夢の機能ですよね。

もちろん安全性能も進化

安全面に関しても、さらなる進化を遂げます。

現行オデッセイには以下の8つのホンダセンシングが装備されています。

  • CMBS〈衝突軽減ブレーキ〉
  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
    ※渋滞追従機能付きはハイブリッドのみ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 車線維持支援システム〈LKAS〉
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

次期オデッセイは上記に加えて「オートハイビーム」機能を追加します。

出典:ホンダ公式サイト

「オートハイビーム」は、ヘッドライトを自動でロービームやハイビームに切り替えてくれる機能。

夜道を走っている時に対向車が来たらロービームにして、すれ違ったらまたハイビームに・・・。

という煩わしい操作がなくなります!

ぴょん吉
運転に集中できるから、誤操作による事故の可能性も減らせるね

苦戦必至?ライバル車のフルモデルチェンジ情報

オデッセイのライバル車と言えばトヨタ「エスティマ」です。

出典:エスティマ公式サイト

ぴょん吉
でも最近は様相が変わり始めているんだよ

ホンダの最上級ミニバンとして発売されていた「エリシオン」が2013年に発売中止

出典:ホンダ公式サイト

結果、オデッセイは他社の上級ミニバンも相手にしなくてはならない事態になっています。

ぴょん吉
トヨタの「アルファード」や「ヴェルファイア」が新たなライバルとして浮上しているよ

そこで、オデッセイのライバル車「エスティマ」「アルファード」の動向を探ってみました。

【エスティマ】ついにフルモデルチェンジか?

出典:ベストカーweb

エスティマが最後にフルモデルチェンジをしたのは2006年

自分
13年前?その間ずっとフルモデルチェンジしてないの?
ぴょん吉
そうだよ。マイナーチェンジはしたけどね

そんなエスティマが2021年、遂にフルモデルチェンジを果たすという噂があります。

搭載エンジンは「カムリ」に採用されている「ダイナミックフォースエンジン」

ぴょん吉
ダイナミックフォースエンジンは、高効率・低燃費を実現したトヨタの技術の結晶だよ

そして、次期エスティマには燃料電池モデルが設定されるとのこと。

ぴょん吉
燃料電池車は、すでにトヨタの「MIRAI」で実現しているよ
自分
燃料電池車ってなに?電気自動車とは違うの?
ぴょん吉
電気自動車は充電するのに電力が必要だけど、燃料電池車は水素から電気をつくり、動力にするんだ

出典:MIRAI公式サイト

自分
水素!すげー

もう1つ注目なのは外観。

出典:トヨタ公式サイト

これは2017年の東京モーターショーでお披露目された「Fine-Comfort Ride」というモデルです。

ぴょん吉
これが次期エスティマのモデルなのでは、と噂されているんだ
自分
本当に未来の車って感じだね

【アルファード】強力な組み合わせで参戦

出典:ベストカーweb

現行アルファードは2015年にフルモデルチェンジをしており、2018年にマイナーチェンジしています。

時期的に、「2020年後半にフルモデルチェンジをするのではないか」と囁かれています。

エスティマと同様、こちらも「ダイナミックフォースエンジン」を採用するようです。

自分
アルファードも水素で走れるようになるの?
ぴょん吉
燃料電池モデルは無いみたいだけど、PHVモデルが設定されるかもしれないよ

PHVモデルとは、プリウスにも採用されている電気自動車モデルのこと。

ぴょん吉
さらに、将来的にアルファードとヴェルファイアが統合するという情報もあるよ
自分
その強力な組み合わせで、オデッセイと争うってことね

まとめ

エスティマやアルファードを相手に、ミニバン市場では苦しい戦いを強いられているオデッセイ

でもフルモデルチェンジで、大きく戦況が変わりそうですね。

では、大事な点をまとめます。

  • オデッセイのフルモデルチェンジは2019年後半~2020年を予定
  • 予想価格は308万円~375万円
  • エンジン性能が上がり、燃費が向上する
  • 車体は現行モデルよりも少し大きくなる予定
  • インテリアは、より高級感溢れる仕上がりに
  • ホンダセンシングに「オートハイビーム」が装備される
  • ライバル車「エスティマ」「アルファード」より先にフルモデルチェンジをし、迎え撃つ構え

オデッセイのフルモデルチェンジに関する情報は、おそらく「東京モーターショー」でハッキリするでしょう。

東京モーターショーは2019年10月23日~11月4日に開催されます。

まだ先の事ですが、ミニバン市場で巻き返しを図るオデッセイに期待しましょう。

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

\52万円UPした人もいます。/

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

恥ずかしい話ですが、はじめて残クレが出た頃に 「毎月の支払いが楽になる♪」という甘い言葉に引っかかり、残クレで新車を買いました。   メリットばかりに気を取られ、デメリットをしっかりと確認し ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-オデッセイ

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2019 All Rights Reserved.