新型スペーシアの値引き相場は?限界を引き出す交渉術3つのポイント

投稿日:

2017年12月にフルモデルチェンジをしたスペーシア。

デザインも一新し、安全性も向上。

軽自動車初の装備もいろいろついて、「スペーシア欲しい♪」という方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、気になるのが価格。

モデルチェンジしたばかりだと、値引きも渋い。

軽自動車に200万以上払うのはちょっと・・・。

 

と尻ごんでいるあなたに、とっておきの値引き方法を伝授します。

 

スペーシアの値引き相場はいくら?

気になる値引き相場はズバリ・・・12万円です!

モデルチェンジしたばかりですが、かなりゆるい印象です。

 

ちなみに、ライバルのN-BOXは10万円。タントは17万円となっています。

(雑誌「月間自家用車」による)

 

フルモデルチェンジをしても、強気になれない理由としては、ライバルのN-BOXやタントが今日敵すぎるから。

ここ数年間はずーっとN-BOXが軽自動車No1。

そして、タントも強い。

スライドドア付きの軽自動車で安定のNo3に落ち着いてしまっています。

 

この状況を打開するための、フルモデルチェンジ。

そして、1月の初売り、2~3月の年末セールで勝負に出たいところ。

だからこそ、値引きもライバルに負けてられないんです。

 

しかし、交渉しないとここまでの値引きは引き出せません。

交渉しなければ、5万円値引きかオプションサービスキャンペーンのみとなってしまうのでご注意を!

安く買いたいなら、こちらも強気にしっかりと値引き交渉していきましょう。

 

スペーシアの乗り出し価格(総額)はいくらになるの?見積もりを取ってきました!

これから、スペーシアを見に行く!という人は乗り出し価格(総額)がだいたいいくらになるのか知っておいたほうが良いでしょう。

実は先日試乗してきて見積おもらってきたんです。

こちら↓

新型スペーシアの見積り書

上位グレードの「HYBRID X」の全方位モニター(ナビ)+アップグレードパック(LEDランプ)の見積り書です。

 

総額193万円!

 

軽自動車ですよ。

最近の軽自動車は高い><

 

内訳はこんな感じ↓

車両本体価格:162万円

諸費用手数料:13.6万円

オプション:17.7万円

エコカー減税対象車なので、取得税や重量税は安くなっています。

 

グレードを落として、Gにしてアップグレードパックや全方位モニターをやめれば、150万円くらいに落とすことができます。

でも、やっぱり新車を買うなら最低限の装備は欲しい。

 

ある程度のグレードでオプションを充実させて、なおかつ安く買うには値引き交渉は必須ですね!

ではどのように交渉していけば大幅値引きが狙えるのか?大切な3つのポイントをお伝えしていきます。

 

スペーシア限界値引き大作成!3つのポイントを抑えて交渉していこう。

スペーシアの値引き交渉で大切なのは次の3つ。

 

 

1.ライバル車との競合

2.営業マンと仲良くなる

3.ガレージオークションで愛車を高く売る

 

一番インパクトがあるのは3番です。

これだけでも10万円~30万円くらいの差がでるので、最後まで読んでくださいね。

 

1.ライバル車との競合

値引きと言えば競合ですよね。

家電製品でもヤマダでコジマの値段を言えば安くなりますから。最近は価格コムの値段をスマホで見せるとそれより安くしてくれます。

 

車も同じで、競合がいると値引きしやすくなります。

 

スペーシアのライバルと言えば、次の3車種です

・ホンダ N-BOX

・ダイハツ タント

・日産 デイズルークス

 

できれば最低1回はすべての車種の見積を取って値引き交渉をしたほうがいいです。

交渉の仕方は後述します。

 

また、経営資本の異なる販売店を探して、スペーシア同士でも競合させたほうが値引きしやすいですね。

経営資本のことなる販売店の探し方は、簡単です。

 

グーグル(グーグルマップでもOK)に「スズキディーラー」と打ち込んで検索してみましょう。

検索結果に、家の近くのスズキディーラーが出てくると思います。

見てみると

 

スズキアリーナ ○○

スズキ自販 ○○ △△

 

というような結果になっていると思います。

この2つは経営資本が違う販売店です。

 

経営資本が異なれば、値引きの上限も変わってくるので競合することができます。

 

1回目の交渉で値引きのゆるさをチェック

本命の店舗は一番最後に行くようにしましょう。

週末などを使って、いくつかの販売店を周り試乗してみましょう。

この時大切なのは「本気で買う気満々です!」という姿勢を見せることです。

買う気もないのに試乗して帰るだけの客に、値引き額はほとんどいいませんからね。

 

「今月中に車を買い換えようと考えています。スライドドアの軽自動車に決めているんですが、車種を絞り込めていません。試乗してみて、予算や条件が合えば購入しようと考えています」

などと話しておけば、冷やかし客ではないことをアピールできますね。

 

あとは、担当の方が車についていろいろ説明してくれるので

「へぇ!スゴイですね。」などと、その車に関心があることを示しておきましょう。

で、最後に

「他の車も見に行く予定です。ただ、なるべく早く決めたいので、値引きも頑張って欲しいです」

など、「最初から最大値引きを出してね♪」というようなことを言っておきましょう。

 

こうして3~4店舗回ると、営業マンの態度や値引き額などいろんなことが見えてきます。

嫌な営業マンもいますし、売る気がないような人もいます。

全く値引きに応じてくれない店舗もあるでしょう。

 

納得出来ないなら、他の店舗も回ってみましょうね。

 

1回目の商談で、気のあった営業マンがいる店舗や安くなりそうな店舗を2~3つに絞って、2度目の交渉に行きましょう。

 

2回目の交渉からは、「ライバル店舗のほうが値引きやサービスが良かった」ということを引き合いに出して交渉していけば、値引き額も上がっていく可能性が高いです。

その際に大切なのが、「営業マンを味方に付ける」ことなんです。

 

2.営業マンと仲良くなる

まず、覚えておいてほしのは「営業マンは敵じゃない」ということです。

言うなれば、一緒にボスキャラを倒す仲間です。

倒すべきボスは、決済権を持っている上司(課長とか?)です。

 

なので、桃太郎みたいにきびだんごを上げて味方になって一緒にボスを倒しましょう!ってなったら心強いですよね。

 

そのためには、雑談がとっても大事です。

2回目の商談では、心をオープンにしていろいろ話しましょう。

聞かれたことを聞き返す(家族構成とか趣味とか)のもいいですよね。

 

そして、メーカーや車種、担当者さんの子を褒めちぎりましょう。

 

まぁ、担当者さんも営業のプロですから、値引き交渉の交わし方はめちゃくちゃうまいんです。

でも、「この人に買って欲しい!」と思わせることが大事なんです。

 

お客様ワ神様だと言わんばかりに上から目線で

「値引きしろ!」「あっちのほうが安かったぞ!」

なんて言う人は、買わなくていいから早く帰れ!って思っちゃいますもんね。

 

スペーシアなら

「このヘッドアップディスプレイスゴイですね!」

「サーキュレーターってうれしいですね。後部席の子供たちも喜ぶと思います♪」

「マイルドハイブリッドでメッチャ燃費いいですよね。さすがスズキです!」

「説明が上手で欲しくなっちゃいました♪さすがですね」

なんてことを盛り込んで会話を楽しんで仲良くなっちゃいましょう。

 

スペーシアについて詳しく知りたいならこちらの記事も読んでみてくださいね。

→スペーシアってどうなの?実際に試乗して感じたことと口コミ評判まとめ

 

担当者さんと仲良くなって、2~3店舗を回って価格の交渉をシていくと徐々に値引き額もUPしていきます。

あまりしつこくやると嫌われてしまうので、3~4回で決めたいところです。

 

最終的には、「○万円になるなら今この場でサインします!」とドヤ顔で言っちゃってください。

値引き額で決めてもいいですし、総額で決めてもどちらでも良いです。

 

私が貰った見積り書だと193万円でしたので、目標値引き額を12万円とすれば

「180万ならこの場でサインします!」

となるわけです。

ちょっと無理目の「185万なら!」というのも戦術的にありですね。

 

3.ガレージオークションで愛車を高く売る

さて、いちばん大事なガレージオークションの話です。

「今まで大切に乗ってきた愛車を高く売る」という話ですので、下取り車がない方は読み飛ばしてOKです。

 

車を買い換えるときって多くの人が、販売店に下取りに出すと思います。

でも、それって実は損している可能性が高いんです。

 

なぜなら、買取店に売ったほうが高いから!

 

値引き交渉と同じように、複数の買取店に査定してもらって高い査定額を出したところに売れば良いわけです。

 

その一番の方法がガレージオークションなんです。

 

ガレージオークションとはその名の通り、あなたのガレージでオークションしましょ♪ということ。

 

複数の買取店で査定をしてもらうって時間がかかるんですよね。

だから、みんな同じ時間に読んで、その場で査定額を出してもらって高い業者に売る。

 

買取業者さんはライバルを意識するので、高値を付ける。

あなたは、何社も相手にして疲弊しないですむ。

 

というわけです。

 

5年5万キロ未満の車は高く売れる傾向にありますが、10年10万キロでも意外といい値段がつくのでやってみる価値はありますよ。

ディーラー下取りよりも、買取店のほうが平均16万円も高く売れるというデータもあります。

 

もし、ディーラーで20万円と査定された車なら、買取店だと36万円以上!

値引き額と合わせると48万円引きでスペーシアが手にはいります。

いやーお得♪

 

査定依頼は、ネットの一括サービスを使うと楽ちんです。

 

スペーシアをなるべく安く買いたい方は利用してみてくださいね。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

恥ずかしい話ですが、はじめて残クレが出た頃に 「毎月の支払いが楽になる♪」という甘い言葉に引っかかり、残クレで新車を買いました。   メリットばかりに気を取られ、デメリットをしっかりと確認し ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-スペーシア

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved.