スズキクロスビー(Xbee)の実際の燃費はどのくらい?

更新日:

スズキから発売された新型車クロスビー(Xbee)。

気になる燃費はどのくらいなのでしょうか?

グレードごとのカタログ燃費と実際の燃費を算出してみました。

カタログ燃費と実燃費

クロスビーのカタログ燃費はJC08モードで22.0km/lです。4WDは20.6km/

MXもMZも燃費は同じです。

新しく取り入れられた燃費測定のWLTCは不採用でしたね。

 

では、実燃費はどのくらいになるのでしょう?

JC08の燃費の場合は、街中走行ならカタログ値の60%、高速なら80%になります。平均値は70%程度になるでしょう。

駆動燃費高速道路街乗り平均
2WD22.0km/l17.6km/l13.2km/l15.4km/l
4WD20.6km/l16.5km/l12.4km/l14.4km/l

まだ発売したばかりで、燃費レポートなどのデータは集まっていませんが、だいたいこのくらいになるでしょう。

 

他のスズキ車とカタログ燃費で比較すると・・・

車種燃費(JC08)
クロスビー22.0km/l
ハスラー32.0km/l
スイフト27.4km/l
ソリオ27.8km/l

※スイフトとソリオはマイルドハイブリッドのグレードです。

 

他の車種と比べると、クロスビーはあまり燃費が良くないですね。

理由はエンジンにあります。

クロスビーのエンジンはK10C型という直噴ターボエンジンを搭載しています。

そのため、燃費を犠牲にして力強い走りを実現しているのです。

 

ハスラーはRO6A型、ソリオとスイフトはK12C型の自然吸気エンジンを搭載しています。

燃費性能ではクロスビーが劣りますが、走行性やパワーは確実に上ですね!

 

このあたりは、実際に乗ってみないと体感できないので、試乗してみることをおすすめします。

燃費以上の魅力を感じるはずですよ!

 

→クロスビーの試乗レポートはこちら

 

マイルドハイブリッドってハイブリッドと違うの?

クロスビーはマイルドハイブリッド搭載車です。

完全なハイブリッドではなく「マイルド」なんです。

 

この「マイルド」ってなんじゃ?と思う方もいるでしょう。

簡単に説明すると、モーターだけでの走行はしないで、発進時にモーターの力を使うということです。

またアイドリング時にもモーターの電気を使うというのも特徴です。

 

モーター走行(EV走行)をしないので、そこまで燃費は伸びませんが、発進時は非常に静かでスムーズになっていますよ。

 

 

4WD車の燃費と走り

雪国の方やスノースポーツをこよなく愛する方は4WDが必須ですよね。

2WDよりは燃費が落ちてしまいますが、安心感には変えられません。

さらにアウトドアで役立つ下記4つの装備があります。

 

※2WD車には装備されていません・

 

スポーツ

エンジンの回転を高め、力強いトルクを発揮してくれます。

急な上り坂もグングン登っていくパワーと、レスポンスの良いスポーティな走りを楽しめます。

 

スノー

雪道ではトルクを抑えて、タイヤの空転を防いでくれます。

スリップしやすい道ではスイッチオンして、スムーズな発進や加速でスリップ事故を防いでくれるでしょう。

 

グリップコントロール

雪道やぬかるんだ道でも安心の「グリップコントロール」が装備。

グリップコントロールとは、片方のタイヤがスリップした時に車輪のブレーキ制御を早めて、グリップ側の車輪に駆動力を集中させて発進をサポートしてくれる機能です。

グリップコントロールがついていれば、雪道やぬかるみでスタックしてしまうことが減るでしょう。

ヒルディセントコントロール

雪道の下り坂ほど怖いものはありません。

ツルッツルの下り坂で、ブレーキを踏むとタイヤがロックしてスリップしてしまうこともありますからね。

でも、ヒルディセントコントロールがあれば、ブレーキ操作をしなくても約7km/hという一定速度で坂道を降っていってくれます。

ブレーキ操作をしなくてもいいので、安心して運転できるでしょう。

雪山に行くには必須の装備かもしれません!

 

 

まとめ

クロスビーはマイルドハイブリッドシステムとターボエンジンを組み合わせて、力のある走りだけど低燃費!を実現しています。

燃費は2WDで22.0km/l。4WDは20.6km/lです。

実際の燃費は平均で14~15km/lくらいになるでしょう。

スズキの車にしては燃費はあまり良くないですが、パワーが違います!

排気量は1.0Lですが、直噴ターボエンジンを搭載しているため、1.5Lエンジン並みの高出力・高トルクを感じることができるでしょう。

もちろん4WDも用意されていて、雪道でも急な上り下り坂のある山道でも快適に運転することができます。

ハスラーに採用されているグリップコントロールやヒルディセントコントロールといった、システムもしっかり装備されていますよ!

 

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

\52万円UPした人もいます。/

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

恥ずかしい話ですが、はじめて残クレが出た頃に 「毎月の支払いが楽になる♪」という甘い言葉に引っかかり、残クレで新車を買いました。   メリットばかりに気を取られ、デメリットをしっかりと確認し ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-クロスビー

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved.