クロスビーVSハスラー。どこに違いがあるのか徹底比較しました

更新日:

Pocket

2017年のクリスマスにスズキクロスビーが登場しました。

見た目はハスラーそっくりのコンパクトカー。

ハスラーが売れに売れたけど、もうちょっと広くてパワーのある車がほしい!という要望(があったかは知らないけど)に答え、満を持して登場!!

 

今日は、「クロスビーとハスラーって何が違うの?」という疑問に全力で答えていこうと思います。

パパっと見たい人は目次から自分の知りたいところに飛んで下さいね。

 

デザイン(外観・内装)で比較

では、まずはデザインから見ていきましょう!

エクステリア(外観)は正面・サイド・リアと3方向から比較しました。

インテリア(内装)は、インパネ周り・シート・ラゲッジスペースを比較しましたよ。

エクステリア(外観)

まずはサイズです。

最小小回り半径4.7m4.6m

 クロスビーハスラー
全長3,760mm3,395mm
全幅1,670mm1,475mm
全高1,705mm1,665mm
ホイールベース2,435mm2,425mm
車両重量960kg(2WD)
1000kg(4WD)
750~820kg(2WD)
800~870kg(4WD)

ホイールベースはほぼ同じですが、長さ・幅・高さどれをとってもクロスビーのほうが一回り大きいです。

しかし、他のコンパクトカーやコンパクトSUVと比較すると意外とコンパクトサイズなんですよ。

 

 全長全幅全高
クロスビー3760mm1670mm1705mm
ハリアー4720mm1835mm1690mm
C-HR4360mm1795mm1550mm
ヴェゼル4305mm1790mm1605mm
アクア4050mm1695mm1455mm
イグニス3700mm1660mm1595mm

比較してみると、全高はハリアーよりも高く、この中では一番背が高いです。

しかし、全長は一番短く、全幅も2番目です。

 

つまり、そこまででかくない

 

では、デザインの違いを見ていきましょう。

【正面】

 

ハスラー 正面

ハスラー 正面

 

正面から見ると、ほとんど見分けがつかないくらい同じです。

ヘッドライトやフォグランプも同じデザイン。形も同じ。

ただ、クロスビーのほうが迫力があってかっこよく見えますね!

【サイド】

ハスラーサイド

ハスラーサイド

サイドから見るとちょっと違いが見えてきましたね。

うん、クロスビーのほうがかっこいい!

サイドモールや、メッキドアハンドル、ホイールも違いますね。

 

ちなみに、タイヤサイズは

ハスラー:15インチ
クロスビー:16インチ

となっています。

 

あと、サイドから見るとリアの形状がちょっと違うのがわかります。

ハスラーは箱型ですが、クロスビーはちょっと斜めの台形型になっていますね。

【リア】

ハスラー リア

ハスラー リア

リアはだいぶ印象が違いますね!

クロスビーは丸みを帯びた優しいデザインですが、ハスラーはただの四角い箱。

 

テールランプの形も違うし、見た目のシルエットも違う。

こうして見比べるとクロスビーのほうが断然かっこいい!高いけどw

 

インテリア(内装)

それではインテリアを見ていきましょう!

クロスビーとハスラーの外観は似ていますが、インテリアはぜんぜん違う車です。

室内のサイズはこんな感じ↓

 クロスビーハスラー
室内長2173mm2160mm
室内幅1355mm1295mm
室内高1280mm1250mm

多少ですが、クロスビーのほうが広いです。

長さが1.3センチ、高さが3センチ、幅が6センチほどです。

そこまで差はないかも・・・・。

 

【インパネ周り】

クロスビー

 

ハスラー

 

ハスラーは「かわいい」「おしゃれ」って感じがしますね。シンプルでいいです。

それに比べて、クロスビーはなんかかっこいい。

 

エコンスイッチがロボットの操縦室のボタンみたいです。(イグニスと同じものを採用)

 

ハスラーはボディカラーに合わせて、インパネカバーの色も変わります。

全部で3色あり、なかなかオシャレです。

クロスビーは1色のみです。

 

どっちが好きかは好みが分かれそうです。

 

【シート】

クロスビー シート

クロスビー シート

参照:クロスビー公式サイト

 

ハスラー シート

ハスラー シート

参照:ハスラー公式サイト

 

どちらもボディカラーに合わせたカラーでオシャレですね。

クロスビーは3色、ハスラーは5色あります。

 

ただやっぱりクロスビーのほうが高品質。

ま、これは価格差もあるので仕方ないですね。

ちなみに、クロスビーは前席シートヒーターが全グレードで標準装備です。

ハスラーにもシートヒーターはついていますよ。(グレードによる)

シートヒーターは寒冷地に住んでいる人にはすごくありがたい装備ですよね。

お尻がじわ~っと暖かいのは、寒い朝にホント助かります。

 

【ラゲッジスペース】

ラゲッジスペースのサイズはこんな感じです↓

 クロスビーハスラー
荷室高不明900mm
荷室幅1305mm1220mm
奥行き525mm450mm

高さがどのくらいかちょっとわかりませんでしたが、ハスラーよりもちょっと高いと予想できます。

幅が結構あるので、ゴルフバッグが横置きできるのはゴルフ好きには嬉しいかもしれませんね!

クロスビー ゴルフバッグ

参照:クロスビー公式サイト

4人~5人で乗った場合、ラゲッジスペースは広いとは言えません

 

ただ、後部席を倒せばかなり広くなります。

シートアレンジを工夫すれば、長いものや高いものも積むことができるでしょう。

 

荷室はグレードによっては防汚タイプになっているので、汚れてもすぐに拭けばきれいになるし、濡れているものも気軽に乗せられます。(クロスビーはMZのみ・ハスラーはAを除くグレード)

あと、クロスビーには床下収納があるのも魅力です。(2WDのみ)ハスラーにはありません。

 

クロスビーやハスラーでスノボとかキャンプに行くなら2~3人乗車がオススメです!

4人以上乗ると、荷物がほとんど積めません。スノボーやサーフィンなどの長いものもキャリアが必要になりますね。

 

燃費で比較

ハスラーとクロスビーの燃費を比較してみましょう。

 クロスビーハスラー
2WD22.0km/l24.8~32.0km/l
4WD20.6km/l24.2~30.4km/l

クロスビーはマイルドハイブリッド搭載ですが、燃費はあまり良くありません。

その理由はターボエンジンです。

排気量は1リットルですがエンジンは直噴ターボエンジンを搭載しています。

燃費を犠牲にしてパワーを取ったという感じですかね。

→クロスビーの実際の燃費は?

 

燃費で見るとハスラーの32.0km/lという数字はスゴイですね!

ただ、ハスラーはグレードによってかなり燃費の差があるので欲しいグレードがどのくらいの燃費なのかは確認しないといけませんね。

 

価格で比較

では、価格を比較してみましょう。

 

クロスビー

グレードFF4WD
HYBRID MZ200.3万円214.5万円
HYBRID MX176.5万円190.8万円

 

ハスラー

Xターボ154.7万円167.4万円
X146.1万円158.7万円
Gターボ135.9万円152.9万円
G (CVT)127.3万円139.9万円
G (5MT)118.3万円129.9万円
A (CVT)110万円121.1万円

う~ん。クロスビー高いですね。

諸費用やオプションを入れたらMXでさえ200万円を超えてきます

ハスラーはGターボで150万円くらいですね。ターボ付けなきゃもっと安い。

この価格差がクロスビーを選択する大きな壁となるでしょう。

車両本体の価格もそうですが、維持費も結構差がでます。

 

維持費で比較

軽自動車の一番の魅力は維持費が安いことですよね。

軽自動車と維持費の比較はこちらの記事で詳しく書いたので参考にしてください。

→軽自動車と普通車の維持費の比較

維持費で大きな差が生まれるのは次の2つ。

自動車税
ガソリン代

ではどのくらい違うのか?上記の2つで見てみましょう。

自動車税
ハスラー:10800円
クロスビー:29500円

軽自動車の税金が上がりましたが、それでも18700円も違います。

年間ですので、月額に換算すると1588円とそこまで差はありませんが、年間2万円と聞くとちょっと大きいですね。

 

ガソリン代

またガソリン代もかなり変わってきます。

月間500kmと1000kmで試算してみました。

【条件】

実燃費はカタログ値の70%
  クロスビー→15.4km/l
  ハスラー →22.4km/l

ガソリンは1リットル130円

 

月間走行距離クロスビーハスラー
500km4194円2902円1292円
1000km8387円5804円2584円

毎月1,000km走ると、月間に2500円の差が出ます。

年間で計算すると3万円近くになりますね。

 

他にも、任意保険や車検などありますがどちらも軽自動車のほうが安いです。

そういうのも合わせると、ハスラーのほうが年間維持費で5万~8万円くらい安くなりそうです。

 

走行性・パワーで比較

クロスビーとハスラーの最大出力(馬力)と最大トルクは下記の通り。

 クロスビーハスラーハスラー(ターボ)
排気量996cc658cc658cc
馬力73(99PS)/550038(52PS)/650047(64PS)/6000
トルク150(15.3kg・m)/1700-400063(6.4kg・m)/400095(9.7kg・m)/3000

馬力とトルクの話はちょいと難しいので割愛しますが、簡単に言うとトルクが「加速力」で、出力が「速さ」です。

 

両方の数字を見ても、クロスビーのほうが優れているので、加速やスピードともに勝っているでしょう。

試乗してみた感想としても、なかなかいい走りをしますよ。

 

ハスラーは軽自動車なので仕方ないですけどね・・。

 

安全装備で比較

クロスビーもハスラーもスズキセーフティサポートが搭載されています。

性能もほとんど同じです。

CMでもおなじみの、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能など基本的な安全装備はついています。

 

また、雪道や悪路での走行をサポートする

グリップコントロール
ヒルディセントコントロール

両車に装備されています。

クロスビーには上記の機能に加えて

スポーツモード
スノーモード

という2つの機能が追加されました。

力強いスポーティな走りがしたいときはスポーツモード。

雪道でスリップが怖いときはスノーモードというふうに使い分けられます。

 

安全装備で比較すると、両車とも装備は充実していますね。

 

まとめ。ハスラーとクロスビーどっちか迷ったら

ハスラーとクロスビーどっちにしようかなぁ・・・。

なんて迷っている方もいるかもしれませんね。

 

両車を比較していろいろ見てきましたが、高級感や走行性、積載性、室内空間などすべての面でクロスビーのほうが優れています。

しかし、一番ネックなのが価格。

軽自動車を購入する理由の第一は「車両価格と維持費が安い!」でしょう。

なので、ある程度走れて荷物も載せられて安くておしゃれな車が欲しいならハスラーの方がいいですね。

50万円追加するから、もう少し広くて走行性のよい車がほしい!というならクロスビーが良いのではないでしょうか?

 

ただ、50万円追加するなら他の車種も検討したいところ。

200万円~300万円の予算でSUVを選ぶなら、C-HRやヴェゼル、CX3も非常に人気でいい車ですよ。

SUVにこだわらないのであれば、アクアやノートe-POWERもいいですね!

→最新!コンパクトカー人気ランキングはこちら

 

クロスビーが欲しい!という方は値引き情報などをしっかり確認してお得に購入できるといいですね。

→クロスビーの値引き相場はいくら?

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

Pocket

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

 

Pocket

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

恥ずかしい話ですが、はじめて残クレが出た頃に 「毎月の支払いが楽になる♪」という甘い言葉に引っかかり、残クレで新車を買いました。   メリットばかりに気を取られ、デメリットをしっかりと確認し ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-クロスビー

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved.