スライドドアコンパクトカー

人気スライドドア コンパクトカーを徹底比較!おすすめはコレ。

投稿日:2015年4月10日 更新日:


最近はミニバンではなく2列シートのスライドドア付きのバンが流行っています。

いわゆるプチバンと呼ばれているもので、スライドドア装備で室内空間が広く子育て中のパパママに人気です。う

 

そんなスライドドア装備のコンパクトカーはどれがいいのかと迷っている方におすすめを紹介します。

室内空間の広さや燃費、価格、人気度などを徹底的に比較してみました。

選ぶときの参考にしてくださいね。

スライドドアコンパクトカーの比較

スペイドソリオポルテフリードスパイク
HV
メーカートヨタスズキトヨタホンダ
販売台数
(台)
38,73332,85726,64819,594
価格
(万円)
145~138~145~174~
221~
燃費
(km/l)
19.625.419.616.6
21.6
排気量
(CC)
1496124214961496
全長
(mm)
3,9903,7103,9904,210
全幅
(mm)
1,6901,6201,6901,695
全高
(mm)
1,7201,7651,7201,715
室内長
(mm)
2,1452,1002,1452,025
室内幅
(mm)
1,3701,4151,3701,440
室内高
(mm)
1,3901,3451,3901,265
スライドドア開口幅
(mm)
1,0205801,020600
最小小回り半径
(m)
4.65.04.65.2
スライドドア片側両側片側両側

 

nebikibana

 

 

スライドドアコンパクトカーの中で一番売れているのはトヨタスペイドです。

とは言え、そこまで大きく差はないので好みや使用状況に合わせて選ぶといいでしょう。

スライドドアコンパクトカーは4台ありますが、それぞれ特徴があり好みが別れると思います。

それぞれの車の特徴を簡単に見て行きましょう。

 

トヨタスペイド・ポルテ

prute03

(写真はポルテ)

スペイド&ポルテは運転席側が2枚のヒンジドア、助手席側が1枚のスライドドアという珍しいタイプの車です。

スペイドとポルテの違いはデザイン性だけで性能自体は殆ど変わりません。
ちなみにポルテのほうが可愛い顔つきで、スペイドのほうがスタイリッシュなデザインとなっています。

ライバル車に比べると、室内が若干広いです。

スライドドアが1枚なので開口部が非常に広く乗り降りもしやすくなっています。

シートアレンジを活用すれば、大きな荷物も積めますし、ベビーカーに載せたまま赤ちゃんを乗せることも出来ます。

燃費は19.6km/lと決して良いとはいえませんが、居住性を求めるなら目をつぶりましょう。

→スペイドをもっと詳しく知りたいならこちら

→ポルテをもっと詳しく知りたいならこちら

 

スズキ ソリオ

ソリオ

ソリオはライバル車に比べると燃費性能が25.4km/lと非常にいいです。

スズキグリーンテクノロジーを駆使しているので、低燃費で快適な走りが出来ます。

ただ、排気量が1.3Lなのでライバルと比べると非力に感じるかもしれません。
高速道路や坂道野多い道を多用する人は気をつけてくださいね。

両側スライドドアで、ウォークスルーも出来る設計なので子育て中の家庭には便利な車です。

街中中心で乗る方にお勧めです。

→ソリオをもっと詳しく知りたいならこちら

 

ホンダ フリードスパイク

フリードスパイク

フリードスパイクはミニバンのフリードを5人乗りにしてラゲッジスペースを活用できるようにしています。

コンパクトカーとしてライバルと比べると、価格が高く燃費もよくありません。

その分後部席やラゲッジスペースの利便性が高く、フルフラットにもなって車中泊もラクラクできちゃいます。

si-to

買い物や送迎だけじゃなく、旅行やアクとドアでもバッチリ活躍するコンパクトカーですね。

ハイブリッドタイプもあるので燃費性能を求める人にもお勧めです。

→フリードスパイクをもっと詳しく知りたいならこちら

 

まとめ

小さい子供がいて、軽自動車はちょっと嫌だし、メインカーとしても使いたいという方はスライドドアコンパクトカーは非常に便利ですよ。

ミニバンだと価格も高く、車体も大きいので、子供が1人ならプチバンで十分です。

試乗に行くとその車内の広さにびっくりするでしょう。

ぜひ、4車種全部乗り比べて見ることをおすすめします。
車によって乗り心地や社内環境、デザインが全然違います。

お子さんと一緒にディーラーに出かけてみてください。

 

→買い換えるなら必見!損しないための値引き交渉マニュアル

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-コンパクトカー
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.