ホンダヴェゼルってぶっちゃけどう?燃費や乗り心地を口コミで徹底調査!

投稿日:2015年7月3日 更新日:


2014年にSUV国内販売台数No1に輝いたヴェゼル。
2015年も売れに売れていて、直近の5月の新車販売台数は4,800台で車全体で代9位、SUVの中では1位となっています。

そんなヴェゼルにぴょん吉も乗ってきましたよ!
しかもガソリン車とハイブリッド車の両方乗って乗り比べしてきました。

 

ヴェゼルの口コミ

なぜそんなにヴェゼルが売れているのか。

どこに魅力があるのか?欠点はないのか?
そこで、実際にヴェゼルを購入した人の口コミをまとめました。

ヴェゼルの良い所

maruotoko

  • 高級車並みの装備の充実
  • 燃費が良い
  • 高級感あるインテリア
  • エンジン音がかなり静か
  • 後席が広い

 

ヴェゼルの悪いところ

batuotoko

  • ロードノイズがやや大きい
  • 後部座席の背もたれがあまり倒れず、ゆったり感がない
  • サスペンションが硬め
  • サイドミラーが小さめなので左側が見づらい
  • 運転席から届く範囲内の収納が少ない

 

まとめ

燃費がいいという声が多く、18km/L出た!(市街地含み)という人もいました!

ヴェゼルの実燃費の平均はガソリン車で12~16km/l。ハイブリッド車で16~21km/lくらいのようです。

 

ハイブリッド車はスムーズな走りやエンジン音の静かさなどが高く評価されています。
ガソリン車はハイブリッドよりもパワーがあり、価格も安いのでどちらがいいか迷うところです。

ちなみに、ハイブリッド車のほうが若干人気があるようです。

 

また、上質な仕立ての高級感漂うインテリアが評価を上げているようですね。
車長がコンパクトなため、女性でも運転しやすいというのも、ママには嬉しい車です。

 

ただ気になるのは後部座席です。
リクライニングがほとんどできないのでゆったりリラックスというのはちょっと難しいです。

あと、ロードノイズや乗り心地が硬め、サイドミラーが見づらいなどのマイナス意見がありますがこの辺りは人それぞれ感じ方が違うと思うので実際ん試乗するときにじっくり見てきて下さい。

 

 

>>中古車を探しているならこちら<<

 

ホンダヴェゼルの魅力とは

それでは、ヴェゼルの魅力をじっくり見て行きましょう!

まずは動画で↓

 

クーペのように美しく、SUVのように力強い

ホンダの小型SUVであるヴェゼルは、SUVでありながらクーペのような美しさを持っているのが大きな特徴です。

ヴェゼルをクーペたらしめているのは、後部座席のドアハンドルです。
一見すると後部座席のドアはどこにあるのだろう、と思わず探してしまうほど目立ちません。

ホンダヴィゼル外観窓実は窓とドアハンドルは一体化しており、ドアハンドルを見せないスタイリングこそヴェゼルの真骨頂。
「比較的コンパクトだが、存在感があるスタイリング」の口コミにも納得ですね。

 

流れるような操作性

ヴェゼルは、指先ひとつで乗り込んでから降りるときまで完結する操作性が自慢です。

スマートキーを持っていれば、ドアハンドルを握るだけでロックが解除され、スイッチを押すだけでエンジンが起動します。

オートのエアコンはタッチパネル式ですので、指先ひとつでコントロール可能です。
パーキングブレーキも、スイッチ一つで解除される電子制御。

ハイブリッドには専用のシフトレバーが搭載され、軽快な操作性です。
軽く触れるだけでウィンカーが3回点滅しますので、他の車に車線を譲ってもらったときに重宝します。

 

優れた走行性能

ヴェゼルの口コミで最も高評価なのが、その走行性能です。

一見すると燃費が悪そうなSUVですが、ヴェゼルはガソリン車でさえ20.6km/l。

ハイブリッドモデルに至っては27km/lの優れた燃費性能を発揮します。

ハイブリッドモデルの4WDでさえも23.2km/lですので、走行性能と燃費を両立しています。

実際の燃費はカタログ値の60~80%なので、ガソリン車は12~16km/l。ハイブリッドは16~21km/l位になるでしょう。

 

4WDといっても電子制御ですので、より綿密に前後のトルク配分をコントロールします。
クルーズ走行では前輪のみの駆動、坂道や悪路、雪道では後輪も駆使して優れた走行性能を発揮します。

特にハイブリッドモデルはSUVでは珍しいため、口コミでは軒並み高評価です。

 

大きなラゲッジスペース

ヴェゼルは、そのスマートなエクステリアからはとても想像できないほど大きなラゲッジスペースを擁しています。

ヴェゼルハイブリッドラゲッジスペース
ラゲッジスペースが少ないといわれるハイブリッドモデルでさえ、そのラゲッジスペースは393L。

この容量は、たてることなくゴルフバッグを3つ収納できる広さです。

ラゲッジスペースの下には、工具など小物類の収納に便利な収納スペースを最大で22L搭載しています。

しかも、開口部からの地上高が65cmと低く設定されています。
「荷物の積み降ろしがしやすい」との口コミもあります。

 

ヴェゼルをお得に買うために

実際に試乗してきましたが、評価も高くいい車です。

ファミリー向けではないかと思いますが、アウトドア好きの家族で子供が1人ならありかと思います。

どの年齢層でも楽しめる車で、試乗して惚れてしまい2回目で契約した!という方もいました。

ヴェゼルってどうなんだろう?と考えているならまずは試乗です!きっと気に入ります。

 

ライバル車はマツダCX3です。こちらも非常に良くできているので比較してみると面白いですよ!

 

→CX-3ってぶっちゃけどう?口コミや燃費、値引き相場をチェック

 

 

気になる価格は193万円~258万円です。

 

ここにオプションと諸費用が加わるので+50万くらいは見て予算立てをしましょう。

値引きはかなり渋いようです。新しくて人気があるのでディーラー側も強気というわけです。

CX3を競合に出して様子を見ながら交渉していくといいでしょう。
目標値引き額は13万円です。総額から15万円引ければ大成功ですよ。

安く買うためには、今乗っている車を高く売ることが大切です。
僕の体験談も参考にしてくださいね!

 

→SUV人気ランキング!ヴェゼルと比較してみる

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-ヴェゼル, ホンダ
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.