コンパクトカー燃費比較

燃費で選ぶおすすめコンパクトカー!実際の燃費を比較した結果

投稿日:2015年4月22日 更新日:


コンパクトカーの中で一番燃費のいい車はどれでしょうか?

そんな質問をされるとちょっと困ってしまいます・・・。
一番燃費のよいコンパクトカーはといえば答えは決まっています。
トヨタアクアです。

ハイブリッド車の中でも群を抜いていて世界トップクラスの低燃費車です。

でも、「じゃぁアクア買おう!」ってなりませんよねぇ・・・。
そりゃ欲しいですが、価格とか家族の意見とか色々とありますからね(笑)

ということで、人気のコンパクトカーの燃費を比較してみました。

実際の平均燃費もわかるようにしましたのでぜひ参考にして下さい。

 

コンパクトカー燃費比較ランキング

車種名燃費
(km/l)
実燃費
(km/l)
価格
トヨタ アクア37.022.9169.9万円~
ホンダ フィットハイブリッド
36.422.5168.1万円~
マツダ デミオ(ディーゼル)30.021.1178万円~
トヨタ パッソ27.616.5102万円~
スズキ ソリオ25.416.3138万円~
スズキ スイフト26.415.7127万円~
マツダ デミオ(ガソリン)24.615.6135万円~
ホンダ フィット
26.015.4129.9万円~
日産 ノート25.215.1124.9万円~
トヨタ ヴィッツ25.014.7136.6万円~
トヨタ ポルテ19.614.2145万円~
トヨタ スペイド19.613.9145万円~
ホンダ・フリードスパイク16.612.5174万円~

上の矢印(▼▲)を利用すればカタログ燃費や実燃費で並び替え出来ます。

 

→営業マンが教えたくない値引き交渉3つのポイント

 

こうして一覧で比較するとわかりやすいですね。

燃費がいいのはハイブリッド車のアクアとフィット。
そしてディーゼル車のデミオです。

ガソリン車ではパッソ・ソリオ・スイフトがいいですね。
軽自動車をみても思いますが、スズキ車は燃費性能がいいですね。
実燃費との差もあまり無いように思います。

実際の燃費は、道路状況やエアコンの使用、運転の仕方で変わってきます。

nebikibana

 

燃費のいい車、悪い車って何が違うの?

最近の車は燃費がどんどん良くなっているので、そこまで大きな違いは出てきません。

では、燃費の差はどこで出るのかというと「排気量」と「車重」です。

車が重くなればなるほど燃費が悪くなります。

重い車をスムーズに動かすには排気量や馬力が大きくなくてはいけないのでその分燃料も使うわけです。

ミニバンやSUVの燃費が悪いのは車重が重いからなんです。

細かいことを言うといろいろあるのですが難しい話はなしにしましょう(笑)

 

つまり、ファミリー向けで大きな車が欲しいのであればある程度燃費には目をつぶる必要があるでしょう。
通勤用などに使う場合は、最低限の広さがあればいいので、小さくて軽い車を選ぶとガソリン代も節約できるのです。

コンパクトカーでファミリー向けのスペイドやポルテ、フリードスパイクはどうしても燃費が悪くなってしまいます。
その代わり、車内は広々でスライドドアも装着しているので小さな子供がいるならとても便利です。
室内も広くて燃費もいい車がいいならスズキソリオがおすすめですよ。
排気量が1.3Lなのでパワーが心配ですが、街中で乗ることが多いなら大丈夫でしょう

1人~2人で乗るならパッソやスイフトがおすすめです。
フィットやノート、ヴィッツは室内も広く燃費もそこそこなので幅広い人々に人気を集めています。

 

ハイブリッド車とガソリン車どっちがいいの?

燃費で比較するとアクアやフィットハイブリッドが飛び抜けています。
リッター20キロ以上走るのはスゴイですよね。

ただ、価格が高い・・・。

200万円以内~ということでお手軽感はあります。でもガソリン車に比べると30~50万円の差があります。

この30万円を安いと取るか高いと取るかはあなた次第です。

あちこちで言われていますが、この30万円の差額をガソリン代で埋めるには10~20年かかります。
そう考えると、ハイブリッドカーだからお得!というわけではないですよね。

だから、ハイブリッド車かガソリン車かで迷っているならお金鋸と抜きで考えたほうがいいですよ。

これからどんどんハイブリッドタイプも増えていくでしょう。
環境のことを考えたらハイブリッドのほうがいいかもしれません。

でも、アクアやフィットは人気すぎてあちこちで見かけます。

ということで、結論としては予算内で自分がビビっときた車を選べ!ってことですね(爆)

 

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

お得に車を買い替えたい方は必見!

車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと
損する可能性が高い
です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-コンパクトカー, ランキング

Copyright© 車値引き交渉の凄テク|ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.