【2018年4月】軽自動車人気ランキング!20台の新車販売台数をチェック

投稿日:

Pocket

そろそろ車を買い替えたいなぁ。

今、一番売れている人気の軽自動車ってどれなんだろう?

 

と、軽自動車のリサーチをしている方に、最新の新車販売台数データから見る人気の軽自動車を紹介します。

 

最近の軽自動車は、さまざまなタイプがあり選ぶのも難しいですよね。

それぞれの車種の大きな特徴も説明しているので、軽自動車選びの参考にしてください!

 

軽自動車人気ランキング!一番売れているのはコレ【4月更新】

2018年の最新データから、いま一番売れている軽自動車をまとめました。

OEMを含めて20台のデータはこちら↓

(車名をクリックすると詳しい情報が見れます)

順位メーカー車名販売台数
1位ホンダN-BOX/N-BOXカスタム21,114台
2位スズキスペーシア/スペーシアカスタム13,620台
3位ダイハツタント/タントカスタム12,911台
4位スズキワゴンR/スティングレー11,460台
5位日産デイズルークス7,583台
6位ダイハツミライース7,136台
7位ダイハツムーヴキャンバス7,093台
8位日産デイズ6,711台
9位ホンダN-WGN/カスタム6,476台
10位ダイハツムーヴ/ムーヴカスタム6,386台
11位スズキハスラー5,612台
12位ダイハツキャスト4,544台
13位スズキアルト4,415台
14位三菱ek3,532台
15位ダイハツウェイク2,975台
16位スズキアルトラパン2,728台
17位スズキジムニー1,779台
18位スズキエブリィワゴン1,652台
19位三菱ekスペース1,154台
20位トヨタピクシスエポック860台

※2018年2月の販売台数。※月間自家用車5月号参照

9月にフルモデルチェンジをしたN-BOXは相変わらず売れまくっていますね。

2位のスペーシアに大きく差をつけて一人勝ち状態です。

 

確かに、N-BOXは見た目も乗り心地もかなり完成度が高いですよ。

→新型N-BOXを試乗!その評価はどうなの?

 

 

また、注目を集めているのが、12月にフルモデルチェンジをしたスペーシアです。

タントを抜いて2位にランクイン!

 

フロントガラスへドアップディスプレイや後退時自動ブレーキなど軽自動車初の装備が注目を集めています。

デザインも一新し、N-BOXとタントにガチンコ勝負にきていますよ!

→新型スペーシアってどう変わった?実際に試乗してきましたぁ

 

また、日産デイズシリーズ(デイズ・デイズルークス)も販売台数を伸ばしてランクUPしています。

販売台数が伸びた原因はコレといったものがないのですが、あえて言うなら日産の販売力でしょう。

ノートやセレナも同様に販売台数を伸ばしています。

 

 

女性に人気なのはムーブキャンバスです。

可愛いデザインに広い室内で、発売当初から売れています。

女性ならムーブキャンバスは要チェックです!

→ムーブキャンバスの良いところと悪いところ。試乗に行く前にココをチェック

 

総合的に見てN-BOXやタント、スペーシア、デイズルークスといった、スライドドアで室内が広い軽自動車が人気がありますね!

ワゴンRやムーヴといった、ハイトワゴンも根強い人気があります。

ミライースやアルトなどは低価格、低燃費なので通勤や買い物などセカンドカーや社用車として人気があります。

 

それぞれタイプが異なり、用途や家族構成などによって選ぶ車は違うでしょう。

タイプ別にもランキングを作成したので、参考にしてください。

 

ただいま、決算セール真っ只中。

軽自動車が飛ぶように売れています!

お得に買いたい方は3月中に買ったほうが良いですよ!

 

 

予算やタイプを決めよう!

最近の軽自動車は本当にさまざまなタイプがあります。

新車の価格も80万円~200万円まであり、どの車にしようか迷ってしまいますよね!

 

まずは、予算はいくらまで出せるのかを決めましょう。

欲しい車が予算を大幅にオーバーするなら、中古車を検討してもいいでしょう。

ただし、中古の軽自動車は割高なので、長く乗るつもりなら新車をローンで買うほうがいいかもしれません。

 

また、用途によって選ぶべき車も変わってきます。

タイプ別に人気車種をまとめたので、こちらも参考にしてください!

 

 

 

1位 ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム

ホンダN-BOX 外観 

タイプハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費20.8~25.6km/l
車両価格119.8万円~193.9万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1780mm
室内サイズ(長×幅×高)2180mm×1350mm×1400mm

2011年から販売開始された、ホンダN-BOXがめちゃくちゃ人気です。

2012年から2016年の中で、2014年を除いて、新車販売台数No1なんです!

 

人気の理由としては、ホンダの特許技術である「センタータンクレイアウト」を採用しているため、他のライバル車と比較して室内が広くなっています

ただでさえ、広い室内が更に広くなって、子育て中のファミリーもアウトドア好きの方も満足行く軽自動車です。

 

また、ライバル車と比較してノーマル車の馬力が高いのも特徴です。

軽自動車は排気量が658cc以下と定められているので、どうしてもNAだとパワー不足を感じることがあります。

しかし、ホンダのNシリーズはノーマルで58馬力(他社は49馬力)あるんですよ

 

デザインもスタイリッシュで、男性からの評価が高いです!

さらに、2017年にはフルモデルチェンジが発表されて、さらに売上を伸ばしてくることが予想されます。

 

→N-BOXの詳細をもっと詳しく見るならこちら

 

2位 ダイハツ タント/タントカスタム

タイプハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費24.6~28.0
価格128.5万円~162.5万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1750mm
室内サイズ(長×幅×高)12200mm×1350mm×1365mm
OEMスバル シフォン

優しい顔つきで、子育てママさんに大人気のタント。

ちょっとかわいすぎるかなと思った男性は、タントカスタムがおすすめですよ!

 

タントは、フルモデルチェンジをした2014年にN-BOXからNo1を奪いましたが、それ以外はずーっと2位です。

助手席側はセンターピラーがない「ミラクルオープンドア」を採用しているので、開口部が広く、助手席と後部席の両方のドアを開けると開放感がハンパないです!

 

スライドドア軽自動車を検討している方は、ぜひN-BOXと乗り比べて見ることをおすすめします。

→タントの詳細はこちらをチェック

 

3位 ダイハツ ミライース

出典:ミライース公式サイト

タイプ2BOX
カタログ燃費32.2~35.2km/l
価格90.7万円~133.9万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1500mm
室内サイズ(長×幅×高)1935mm×1345mm×1240mm

2017年5月に6年ぶりのフルモデルチェンジをしました!

デザインを一新して、ちょっと角ばったガンダム型になりました。このデザインについては賛否両論ありそうですが、ぴょん吉的にはちょっとダサいと思います・・・。

 

それでも燃費性能に優れていて、新車価格も100万円以下ということもあり人気があります。ライバルのアルトと比較してみるといいですよ。

ちなみに、今回のフルモデルチェンジでは燃費は変わらず。

アルトは37.0km/lなので、燃費競争はそろそろ終焉かもしれませんね。

 

→ミライースの詳細はこちら

 

4位 スズキ ワゴンR

出典:ワゴンR公式サイト

 

タイプトールワゴン
カタログ燃費25.4~33.4km/l
車両本体価格107.8万円~153.0万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1650mm
室内サイズ(長×幅×高)2450mm×1355mm×1265mm
OEMマツダ フレア

2016年は9位と、人気に陰りが見えましたが、2017年2月にフルモデルチェンジをしました。

新型ワゴンRはデザインを一新し、軽自動車初となるハイブリッドタイプを投入し、売上も回復しています!トールワゴンの中では、燃費No1ですよ!

 

ミライースやアルトに比べて、天井が高く室内も程よく広いので、万能型の軽自動車とも言えるでしょう。

子どもが1人ならなんとかいけますし、燃費がいいので通勤などでも使えます!

中古車市場でも非常に人気の車種ですよ。

→ワゴンRの口コミ評価はどう?満足しているところと不満な所

 

5位 スズキ スペーシア

 

タイプハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費25.6~32.0km/l
価格127.4万円~168.6万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1735mm
室内サイズ(長×幅×高)2215mm×1320mm×1375mm
OEMマツダ フレアワゴン

スズキのスライドドア軽自動車です。写真はカスタムでいかつい雰囲気ですが、ノーマルはとっても優しいデザインで女性好みですね。

 

S-エネチャージ搭載で燃費No1の32.0km/lとハイトールワゴンの中ではNo1です。

N-BOXの25.6km/lに比べると、完全勝利ですね!

 

2つのカメラで衝突を回避してくれる、「デュアルカメラブレーキサポート」がついているので安全性もバッチリですね!

 

→スペーシアの評価はどうなの?オーナーの生の声をまとめました

 

6位 ダイハツ ムーヴキャンバス

画像出典:ムーヴキャンバス公式サイト

タイプトールワゴン
カタログ燃費27.4~28.6km/l
価格118.8万円~166.8万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1655mm
室内サイズ(長×幅×高)2155mm×1345mm×1285

2016年9月に発売開始された、ムーヴの派生モデルです。

12月には日本カーオブザイヤーのスモールモビリティ賞を受賞し、販売台数もグイグイと伸ばしています。

 

スライドドアを採用していますが、タントやN-BOXよりも車高が低く、ファミリー向けというよりも一人暮らしの女性がターゲットかなと思います。

デザインも可愛くカラーバリエーションも豊富です。

また、後部席には「置きラクボックス」という、荷物を積みやすい工夫もされていて、便利です。

 

→ムーヴキャンバスを実際に買った人の評価は?

 

7位 日産 デイズルークス

タイプハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費20.4~22.0km/l
車両本体142.5万円~203.7万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1775mm
室内サイズ(長×幅×高)2235mm×1320mm×1400mm

三菱の燃費不正が発覚して一時期販売停止をしていましたが、見事に復活して売上も伸ばしてきています!

ハイトールワゴンの中では燃費は最下位ですが、売れているのであまり燃費は関係ないのかな。

 

デイズルークスには、上から目線で駐車がラクラクになる「アラウンドビューモニター」がついているので、駐車が苦手な方にはおすすめです!

また、エアコン操作がタッチパネルになっていて斬新です。

デザインもライバル車と差別化されているので、好きな人は好きかもしれませんね!

ただ、燃費は悪いです・・・。

 

→デイズルークスの口コミ評価まとめました

 

8位 日産 デイズ

デイズハイウェイスター

タイプトールワゴン
カタログ燃費21.8~25.8km/l
車両本体価格114万円~175.7万円
サイズ(全長×全幅×全高)3384mm×1475mm×1620mm
室内サイズ(長×幅×高)2085mm×1295mm×1280mm
OEM三菱 ek

デイズは、デイズルークスの姉妹車でルークスよりも背が低いトールワゴンタイプです。

実は、三菱ekが本家でデイズがOEMです。どうでもいいと思いますが・・・

 

デイズには、カスタムモデルがないかわりに「ハイウェイスター」モデルがあります。

デザインが物足りない方は、ハイウェイスターも確認してみてください。

他にも、ボレロ・ライダーなどのグレードもありデザインが異なる(金額もw)のでチェックしてみてくださいね!

 

→デイズの口コミを徹底調査。不満?満足?評価をまとめました!

 

9位 スズキ アルト/アルトワークス

タイプ2BOX
カタログ燃費24.0~37.0km/l
車両本体価格86.9万円~124.5万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1475mm
室内サイズ(長×幅×高)1985mm×1255mm×1215mm
OEMマツダ キャロル

アルトの魅力は何と言っても、燃費でしょう!

37.0km/lというハイブリッド車顔負けの低燃費!

さらに、車両価格が100万円以下で購入できるのは魅力的ですよね!

 

ただ、2BOXタイプなので、室内は狭いです。またインテリアの質感もチープですしシートもそこそこなので、購入するなら試乗は必須ですよ!

 

→アルトを買った人たちの口コミ評価をまとめました

 

10位 スズキ ハスラー

タイプSUV
カタログ燃費23.4~32.0km/l
車両本体価格107.9万円~166.4万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1665mm
室内サイズ(長×幅×高)2035mm×1295mm×1250mm
OEMマツダフレアクロスオーバー

「遊べる軽!」として2013年に登場して以来、大人気の軽SUVです。

遊び心のあるデザインが、老若男女問わずにウケて売れに売れました。

 

ハスラーはSUVというジャンルで、スノーボードやキャンプなどのアウトドアスポーツをする方におすすめです!

デザイン性も良いのですが、他にも魅力的な装備がたくさんありますよ。

 

→ハスラーってぶっちゃけどう?買った人の評価はいいのか

 

11位 ホンダ N-WGN

ホンダN-WGN 外観 フロント

タイプトールワゴン
カタログ燃費26.2~29.4km/l
車両本体価格109万円~170.4万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1675mm
室内サイズ(長×幅×高)2055mm×1355mm×1300mm

ホンダNシリーズのトールワゴンタイプです。

N-WGNの魅力はパワーの有る走りでしょう!

 

ワゴンRやムーヴ、デイズといったライバルと比較すると、燃費はやや劣ってしまいます。

しかし、馬力があるので出足や坂道でのパワーはノーマル車でもしっかりと感じることができるでしょう!

 

 

カスタムは上質感があり軽自動車とは思えないほどです。

クルーズコントロールシステムもついているので、男性にもおすすめです。

 

→N-WGNの口コミ評価の詳細はこちら

 

12位 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタム

タイプトールワゴン
カタログ燃費25.6~31.0
車両本体価格113.4万円~174.9万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1630mm
室内サイズ(長×幅×高)2080mm×1320mm×1280
OEMスバル ステラ

ムーヴと言えば、スマアシ(スマートアシスト)ですよね。

現在はスマアシⅡまでパワーアップして安全性能がグーンと向上しています。

 

→ムーヴの口コミまとめ!実燃費や最新値引き情報も

 

13位 ダイハツ キャスト

タイプトールワゴン・SUV
カタログ燃費24.6~30.0km/l
車両本体価格122万円~174.4万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1600mm
室内サイズ(長×幅×高)2005mm×1320mm×1245mm

ハスラーの後追いで出てきたSUVタイプの軽自動車です。

キャストには、「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3つのタイプがあり、好みに合わせて選ぶことができます。

 

ハスラーのパクリとも言われていますが、デザインはしっかり差別化していて、好みが別れています。

カラーバリエーションも豊富で、2トーンカラーもあるし、インテリアかアラーも選べるので、自分好みの軽自動車に仕上げることができそうです。

 

→キャストって売れているの?口コミ評価を見たい方はこちら

 

14位 スズキ アルトラパン

タイプ2BOX
カタログ燃費27.4~35.6km/l
車両本体価格107.7万円~165.4万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1525mm
室内サイズ(長×幅×高)2020mm×1295mm×1240mm

女性人気No1の軽自動車です。

「可愛い!」と一目惚れ買いする方も多いとか!?

 

とっても可愛いラパンですが、性能や居住空間はそこまで高くはありません。

室内は狭いし、ターボ設定もないので、1人ぐらしの女性で街乗り中心の方はおすすめです!

 

→アルトラパンの魅力は?一目惚れ買いは損するのか?

15位 ダイハツ ウェイク

ダイハツウェイク 外観

タイプハイトールワゴン(スライドドア)
カタログ燃費23.2~25.4km/l
車両本体価格135万円~184.1万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1835mm
室内サイズ(長×幅×高)2215mm×1345mm×1455mm
OEMトヨタ・ピクシスメガ

とにかく広い!

N-BOXやタントよりも車高が一段上なんです。

そこまで高さが必要なの?と思うかもしれませんが、キャンプに釣りに、自転車に、サーフィン、スノボに大役立ちです!

車中泊も余裕でできるので、アウトドアスポーツをする方に人気があります。

 

ただ、価格が高いので「ファミリーカーが欲しい!」というならN-BOXで十分かもしれません。

 

→ウェイクってムダに広いだけ?オーナーの満足点と不満な所

16位 ホンダ N-ONE

ホンダN-ONE 外観 サイド

タイプトールワゴン
カタログ燃費24.0~28.4km/l
車両本体価格118.5万円~172.8万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1630mm
室内サイズ(長×幅×高)2020mm×1300mm×1240mm

丸いライトがキュートなN-ONE。

N-WGNよりもワンサイズ小さく、走行性に優れています。

色々カスタムできるので、車いじりが好きな男性におすすめですよ!

 

→N-ONEってどうなの?口コミ評価を徹底調査

 

17位 スズキ エブリィワゴン

タイプワンボックス
カタログ燃費14.6~16.2km/l
車両本体価格142.5万円~178.2万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1910mm
室内サイズ(長×幅×高)2240mm×1355mm×1420mm

とにかく広い!大きな荷物やたくさんの荷物を積めるとして、商用車として人気です。

個人としても使えますが、燃費が悪く乗り心地はイマイチです。

荷物をたくさん載せたいなら、ウェイクのほうが乗り心地も燃費もいいかな。

→エブリィワゴンの詳細はこちら(作成中)

 

18位 スズキ ジムニー

 

タイプSUV
カタログ燃費13.6~14.8km/l
車両本体価格129.6万円~162.5万円
サイズ(全長×全幅×全高)3395mm×1475mm×1680mm
室内サイズ(長×幅×高)1660mm×1220mm×1210mm

SUVですが、ハスラーとは違いとにかく悪路走破性がバツグンです!

You Tubeにはたくさんのハスラー動画が落ちていますが、川を渡ったりとんでもない凹凸を攻めたりしています。

 

1998年以降モデルチェンジはしていませんが、ファンが多く中古車市場でも非常に人気があります。

3ドアなので後部席に乗るのも大変だし、燃費も悪い。乗り心地もお世辞にも良いとはいえません。

 

それでも魅力を感じる方にはおすすめですよ!

 

→実はファンが多い!?ジムニーの口コミ評価まとめました

 

軽自動車は新車と中古車どっちが良い?

軽自動車を買う時に、中古にしようか新車が良いのか迷いますよね?

 

最近の軽自動車は機能性も高くなり価格も上昇しています。

No1のN-BOXは、最低グレードでも120万円、高級グレードだと200万円ほどします。

車は、車両本体価格だけでは購入できません。

車両価格に税金や手数料などの諸費用と、ナビやETCなどのオプション代を加えた金額を支払う必要があるでしょう。

 

また、軽自動車の値引きも渋いです。10万円の値引きができれば御の字です。

中程度のグレードを購入するにも150万円~200万円くらいはかかるでしょう。

 

200万円あればコンパクトカーも買えるので、こちらも迷ってしまいますね。

 

とはいえ、軽自動車は維持費も安いので、普通車よりもおすすめですよ!

 

新車か中古車どちらかと言うと、運転歴が長いなら新車をおすすめします。

新車を買って乗り潰すなり、数年で売ったほうがやはりお得です。

ただ、ローンで買うなら、金利分を支払う必要があるので、それも考慮しましょう!

 

もし、初心者で最初の車なら、中古車で価格を抑えたほうが良いでしょう。

なぜなら、ぶつける可能性が高いので、新車だとショックが大きいからです(笑)

あと、任意保険料も高くなるので、オンボロ中古車を買って、車両保険に入らず保険料を節約するのもいいでしょう。

古い中古車で数年間練習して、等級をあげてから好きな車を買うと良いかもしれません!

→中古車選びで失敗しないポイントとは?

 

 

まとめ

最新の人気軽自動車ランキングをまとめましたがいかがでしたか?

 

いやぁ、N-BOX強いですね。

モデルチェンジをしたとはいえ、2位とあれだけ大差をつけるのはスゴイです!

N-BOXは2013年に登場して依頼、ほぼNo1に居続けていますからね。

ライバルメーカーがどのような対策を打って出てくるのか楽しみです!

 

 

さて、N-BOXが人気とは言え、車選びは他も見て比較して決めるべきです。

現在は、居住性が高くスライドドアを装備したファミリーカーが人気。

N-BOXやタント、デイズルークス、スペーシア、ウェイクあたりを試乗して比較してみると面白いですよ!

 

昔から根強い人気のあるハイトワゴンも忘れてはいけません!

ワゴンRやムーヴ、デイズ、N-WGNあたりをチェックしてみましょう!

 

タイプ別にランキングを別に作成していますので、こちらも参考にしてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-軽自動車, ランキング

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.