新型アルファードの口コミ評判まとめ。燃費悪いって聞くけど実燃費は何キロ?

投稿日:2015年5月14日 更新日:


2015年1月、トヨタアルファード・ヴェルファイアがフルモデルチェンジをして更に進化を遂げた。

いかついマスクを装着して、闘牛のような出立。

そして、高級感あふれ、広々とした内装。

そんな最上級ミニバンの率直な感想はどうなんだろうか?

果たして価格に見合った価値があるのか?購入したオーナーの生の声をまとめました!

→試乗してきました!新型アルファード試乗レポートはコチラ

 

新型アルファードの口コミ

トヨタアルファードを購入した方々の口コミや評判を見やすくまとめました。

満足しているところや不満な所、包み隠さず公開します。

満足しているところ

  • 居住空間が広くて上質でとっても快適
  • デザインが高級感があるし他車と差別化デキている
  • パワーも静粛性も大満足です
  • 全窓にエアバックが付いてるなど安全面もしっかりしている
  • 長距離乗っても疲れない
  • 3列目もゆったりしている
  • 2列目のオットマンが最高!

 

不満なところ

  • 車体が大きいので狭いところはかなり気を使います
  • 燃費があまり良くないです
  • オプションも高額なので総額がかなりの金額になった
  • 走り自体は楽しくない

 

最上級ミニバンの代表だけあって評価は高いです。

フルモデルチェンジをしてデザインもかなり差別化されましたね。
好みは別れると思いますがかなりいかつくて男性好みです。

内装も上質で、2列めシートにはオットマンがついています。
すわり心地もよく、まるでリビングでくつろいでいるように思えるでしょう。

静粛性も高いので、赤ちゃんもグッスリ眠れるという声もありました。

デザイン性、居住性、乗り心地、パワーは文句のつけようがないほど完成度が高いです。

ただ、やはり価格が高いのがネックという声が多いです。
一番低いグレードのX[2.5L]で車両価格が319万円、最上級モデルのハイブリッドExecutive Lounge[3.5L]は703万円です。

また、車重が重いので燃費は期待しないほうがいいでしょう。

価格も高く燃費が悪い車ですが、一度試乗するとその魅力に虜になってしまうでしょう。
試乗するときは注意してくださいね(笑)

 

 

アルファードの魅力をわかり易く解説!

アルファードの魅力をわかりやすく説明していきます。

思わず振り返る、迫力のあるデザイン

新型アルファード 顔

このフロントグリルはかなりの迫力がありますよね。

ただでさえ大きくて迫力があるのに、この顔はインパクトが強すぎます。

インパクトが強すぎて、賛否両論なのですが好きな人にはたまらないデザインではないでしょうか?

 

エクステリアだけじゃなくインテリアもゴージャスです!

 

目を引くのは、エグゼクティブラウンジシート。

まるで、飛行機のファーストクラスにでも乗っているかのようなシートです。
シートにはレッグレストがついており、長時間のドライブでも全く苦になりません。

通常は、1列目が特等席なのですが、アルファードに関しては2列目が特等席です。

しかし、助手席の快適性も無視できません。

助手席には、スーパーロングスライドシートが装備されているのですから。

助手席も思いっきり後ろにスライドさせれば、足を投げ出せるような広い足回りが出現。

ゆとりある大空間を満喫できます。
シートカラーは、アルファードがベージュ系、エルグランドがブラック系となっております。

「少し高い買い物だが、金額以上の乗り心地を得られる」などの口コミもあります。

「ヴェルファイヤよりも上質な感じ」と、同じトヨタ車との比較もありました。

 

大幅改善によってパワーアップした静粛性と走行性

口コミでも、「めちゃくちゃ静か!」「坂道も高速もノンストレス!」などという声がたくさんありました。

アルファードはモデルチェンジに伴い、走行性能と燃費性能の大幅な改善を行っています。

まずは走行性能ですが、従来はトーションビーム式と呼ばれるリアサスペンションでした。

モデルチェンジ後はこれを、ダブルウィッシュボーン式に変更しています。
これによって、走行している際のロードノイズが少なくなり、車内の静粛さに一役買っています。

また、ダブルウィッシュボーン式は走行性能もアップさせています。
大型のミニバンですので左右に振られることもありますが、アルファードではそれはあまりありません。

 

大きな車に細かな配慮!安全性も高いんです。

大きい車であるアルファードだからこそ、小さなところまで配慮が行き届いています。

特に、安全性能に関しては特筆すべきものがあります。

ミニバンですと、目視できない死角もできてしまいます。

それをサポートするパノラミックビューモニターが採用されています。

大きい車を駐車するのに四苦八苦する人も多いはず。
そんな人には、車庫入れをサポートするシステムがあります。

車が大きくなればなるほど、なかなか急には止まれません。
車間距離を一定に保つレーダークルーズコントロールなど、小さな配慮が行き届いています。

 

気になる実際の燃費は?アルファードの実燃費

アルファードのカタログ燃費はガソリン車で9.5~11.6km/l。ハイブリッドで18.4km/lです。

実際の燃費は6~8割と言われているので、ガソリン車なら6~9km/lで、ハイブリッでなら10~14km/lとなるでしょう。

ガソリン車で街乗りすると燃費の悪さに驚愕するかも知れません。

Lクラスミニバンを選ぶなら燃費のことは考えてはいけないですね・・。

 

まとめ。新型アルファードは買い?

新型アルファード、素晴らしい車です。

世のお父さんは一度は乗ってみたいと思う車なんじゃないでしょうか?

僕もほしいです!

でも、やっぱりお金が問題なんですよね・・・。

新車で購入するとなるとオプション等を含めて400万以上を覚悟しないといけません。

ローンで支払うとしても月々の支払で生活費が圧迫されちゃいます。

ということで、やっぱりお金に余裕のある家庭の車ということでしょう。

アルファードを購入する前に、月々のローンや維持費のことを考えて買いましょう。

お金のことなんかどうでもいいよ!という方は、アルファードの他にもヴェルファイアやエルグランドなどと乗り比べて見て下さい。

 

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

1
コレはお得!だれでも簡単にできる値引交渉の3つのポイント

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2
残価設定ローンの落とし穴。実は損かも?残クレ徹底解説!

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3
中古車はどこで買う?中古車選びの注意点を徹底解説

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-アルファード, トヨタ
-,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.