サーモスタット

サーモスタットの交換費用と寿命。故障するとどんな症状になる?

更新日:

サーモスタットが故障すると、最悪オーバーヒートしてしまいエンジンがオシャカになってしまう可能性があります。

しっかりと修理や交換をして手入れをしておきたいところです。

 

ではサーモスタットの交換や修理費用はいくらになるのか気になりますよね。

今日は、交換費用の相場ややすくする方法から、サーモスタットの役割についてわかりやすくお伝えしていきます。

 

サーモスタットの交換費用(部品代と工賃)はいくら?

 

サーモスタット自体の価格は、車によって若干の差がありますが、基本的に3,000円以内で購入できるでしょう。

サーモスタットに故障が見つかった場合、サーモスタットの交換と一緒に冷却水を交換できますが、冷却水の価格は2Lで3,000円以内です。

 

加えてパッキンとOリングの金額が200円ずつになり、部品代としては合計6,400円ほどです。

自分で交換することも可能ですが、エンジンへの影響が非常に大きな部品であるため、プロに依頼する方が良いでしょう。

 

サーモスタットの交換の工賃はいくら?

サーモスタットの交換時の工賃は、約5,000円くらいです。

車種や交換する場所によって少し違ってきますが、1万円も行かないでしょう。

 

部品代と工賃を合わせると、12,000円位で交換できますね。

国産車の方が交換費用は安く、外車は部品代が高いため、交換費用が高くなる傾向があります。

 

とは言え、エンジンが焼き付いてしまってから修理をするのと比べると、圧倒的に安い金額でサーモスタットの交換はできます。

この事からも早めにサーモスタットを交換する方が、最終的にはお得になることが分かります。

 

修理工場でサーモスタットを交換すると安くなる

サーモスタットの交換は、ディーラーであっても修理工場であっても大きな金額の差はありませんが、あえて言うなら修理工場の方が若干安くなります。

修理工場であれば、リビルド品を利用できる事もあるため、サーモスタット自体の価格を抑えられ交換費用を節約できる可能性もあります。

 

しかし、リビルド品は、使用した期間を把握できないため、新品と比べると寿命が短くなる可能性が高いでしょう。

どんなに良いリビルド品であっても、5万kmほどで交換するという意識を持つ方が良いです。

 

リビルド品の品質は、修理工場によって異なることも多いので、信頼できる修理工場で交換作業をしてもらうようにしてください。

 

 

サーモスタット自体の金額としては、それほど高額な部品ではないものの、エンジンに与える影響は非常に大きいものです。

サーモスタットの交換は、気付いた段階で早めに行う方が、結果的に損害額を少なくすることができるでしょう。

 

サーモスタットの故障サインは?

冷却水の温度を判断しているサーモスタットが壊れると、主に3つの症状が出ます。

  • 水温計の警告灯が点灯
  • エンジンの温度が上がりすぎるオーバーヒート
  • エンジンが冷えすぎるオーバークール

 

水温計の警告灯が点灯したのであれば、そのまま走り続けるのではなく、安全なところに車を停車させ、温度が冷えるまで動かさないようにしましょう。

 

しばらくすると冷却水の温度が下がってきますので、近くのディーラーや修理工場に持ち込みましょう。

水温計が点灯する場合はさまざまなトラブルが考えられます。

  1. 冷却水漏れ
  2. ウォーターポンプの故障
  3. 電動ファンの故障
  4. サーモスタットの故障

いずれの場合も、オーバーヒートの原因になるので、早めにディーラーなどで点検してもらいましょう。

仮にサーモスタットの異常によって警告灯が点灯しているなら、早めに交換する方がエンジンのためになります。

 

サーモスタットの交換は知識のある方であれば、自分で行うこともできますが、確かな技術が求められます。

工賃自体は数千円なので、サーモスタットの交換はプロに依頼する方が良いでしょう。

 

 

オーバークールが起きるとどうなる?

エンジンが温かくなると、エンジン自体が膨張しシリンダーとピストン間の距離が最も理想的になります。

エンジンは、元々温められることを前提に設計されているため、冷えた状態でエンジンの回転数を上げるのは、エンジンにとって良いことではありません。

 

サーモスタットが壊れると、冷却水の温度に関係なく冷却水を常に入れ替えてしまうため、エンジンを温められず、シリンダーとピストンの間に熱が生じエンジンが焼き付いてしまいます。

サーモスタットが壊れることで、エンジンの温度が両極端になってしまい、結果としてエンジンは同じように焼け付いてしまうのです。

 

サーモスタットの寿命はどのくらい?

 

サーモスタットは定期的に交換するタイプの部品ではなく、通常は調子が悪くなってから交換する部品です。

しかし常に使われている部品であるため、大きな問題がなかったとしても、10万kmの走行か10年の利用で交換する方が賢明です。

10年か10万kmに達する前でも、水温計に警告灯が点灯するようになったら点検を受け、必要であればサーモスタットを交換しましょう。

 

 

サーモスタットとは?どんな役割があるの?

車の部品の中でもサーモスタットの役割は非常に重要で、サーモスタットが故障すると車に大きなダメージが出てしまいます。

 

サーモスタットは一般的に車の部品の中ではあまり耳にしない部品かもしれません。

この部品はエンジンとラジエーターをつないでいるホースの間に取付けられている部品です。

 

エンジンが熱くなり過ぎないように、適切な温度に保つための役割です。

では具体的にサーモスタットにはどのような役割があるのでしょうか?

 

サーモスタットの役割とは

エンジンには適切な温度設定が必要で、熱くなりすぎたり冷たくなりすぎたりするのを避けなければなりません。

冷やすために、エンジン内部に冷却水を流し、エンジン温度が限界以上に上がらないようにしています。

 

しかし、エンジン内部の冷却水の温度が上がってくると、冷却することが出来ません。

そこで、高温になった冷却水をラジエターに戻して冷却し直し、冷たい冷却水をエンジンに回す必要が出てくるわけです。

 

ここでサーモスタットが登場です。

 

サーモスタットは、冷却水の温度を感知して、まだ行けるのか交換するのかを判断してくれるんです。

例えるなら、サッカーでバテバテになった選手を交代するか、続投させるのかを判断する監督のような存在ですね。

 

サーモスタットが壊れると?

それでは、その監督がヘボな判断をするとどうなるでしょうか?

長友がバテバテなのに、交代しないでいると、肉離れを起こす可能性が高くなりますよね。

走らないといけない時に、全力を出せず相手に簡単に抜かれてゴールを奪われてしまうかもしれません。

 

車も同じです。

先程から言っていますが、サーモスタットが故障すると、エンジンが焼け付いてしまう可能性があるのです。

 

故障のサインを見逃さず適切なタイミングで点検・交換をしましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

関連記事

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

恥ずかしい話ですが、はじめて残クレが出た頃に 「毎月の支払いが楽になる♪」という甘い言葉に引っかかり、残クレで新車を買いました。   メリットばかりに気を取られ、デメリットをしっかりと確認し ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-故障・修理

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved.