5ナンバーミニバン人気ランキング【2017年12月】子育て中におすすめはこの車

投稿日:

Pocket

子供が生まれ、ちょっと広い車がほしいな。子育てに便利な車はどれかな?

と考えたらやっぱりミニバン一択なんですよ。(異論は認めるw)

 

そして、価格や維持費のことを考えると一般サラリーマンにはアルファードやヴェルファイアといったLクラスミニバンは無理。

だから5ナンバーミニバン(Mクラスミニバン)の中から探すんですが、それでもたくさんの車があってよくわからない。

 

最近は、5ナンバーミニバンとは言わないのかな?

サイズによって、ナンバーが変わるので、セレナであってもグレードによってナンバーが変わるんです。

だから、ナンバーよりも排気量や車両価格をみるといいですよ。

 

 

そんなあなたにピッタリのミニバンが見つかるように、様々な視点から人気のミニバンを比較してみました。

試乗に行く前に読んでもらうと役立つと思います。

 

 

 

ミニバン総合ランキング!2017年売れているミニバンはこれだ!

5minibanhikaku01

新車販売台数から人気ミニバンランキングを作成しました。

販売台数は雑誌「月刊自家用車」より引用。2017年11月の数字です。

 

総合ランキングということで、5ナンバーも3ナンバーも入っています。

またガソリン車とハイブリッド車を分けています。

 

ヴォクシーHVトヨタ2,040台(2,550)293.1万円~

車種名 メーカー 12月の販売台数(先月) 価格(円)
ヴォクシー トヨタ 5,630台(5,390) 227.3万円~
シエンタ トヨタ 3,970台(5,280) 169万円~
ノア トヨタ 3,130台(3,840) 227.3万円~
フリード ホンダ 3,001台(4,873) 174.6万円~
ヴェルファイア トヨタ 2,740台(2,950) 319.8万円~
シエンタHV トヨタ 2,730台(3,400) 222.7万円~
ステップワゴン ホンダ 2,432台(3,381) 228.8万円~
ステップワゴンHV ホンダ 2,305台(1,430) 330万円~
アルファード トヨタ 2,180台(2,670) 319.8万円~
エスクァイアHV トヨタ 1,920台(2,590) 304.4万円~
エスクァイア トヨタ 1,800台(2,050) 262.3万円~
ノアHV トヨタ 1,620台(2,320) 293.1万円~
セレナ 日産 1,351台(8,187) 224.6万円~
デリカD5 三菱 907台(1,415) 239.8万円~
オデッセイHV ホンダ 723台(1,306) 356万円~
オデッセイ ホンダ 499台(881) 276万円~

 

セレナが急落・・・。

原因は「無資格者が検査をしていた」という問題。

テレビなどで流れていたので、かなり印象が悪くなっているようですね。

また、日産としては再発防止のために、新車の生産スピードを落としてしっかりチェックしているとのこと。

 

今まで好調だったのにもったいない・・・。いつ回復してくるのか期待していましょう!

 

 

今月のNo1はトヨタヴォクシーでした!

 

 

ハイブリッドとガソリン車を合わせると、No1はヴォクシー・No2にシエンタ・No3がノアとなっています。

トヨタは強いですね・・・。

 

ホンダステップワゴンのハイブリッドが登場して、しっかり売上を伸ばしていますね。

カタログ燃費が25.0kmlと、ミニバンの中ではかなりの低燃費!価格が330万~なので迷うところですね。

 

セレナe-POWERが2018年春に発売予定なのですが、どうなることやら・・・・。

 

 

「よーし!それじゃディーラーにレッツゴー!」

とはやる気持ちを抑えて、まずは予算を決めましょう。

 

子どもにもお金がかかるので、なるべく出費を抑えたいところでしょう。

予算によっては手の届かない車種もありますので、じっくりと考えましょう。

 

予算を決めよう!300万円用意できますか?

ミニバンを新車を買うなら300万円が基準となるでしょう。(車両本体価格+オプション+諸費用+税)

300万円を現金一括で払える方はなかなかいないと思うのでローンを組んだとすると、月々の支払は55,000円です。(頭金なし・60回払・金利4%)

 

任意保険や駐車場代金も払わないといけないのでなかなかの金額ですよね・・・。

車にも必要以上にお金をかけていては子供のために貯金もできません。

 

ということで、まずは予算を決めないといけません。

300万が無理ならグレードを落とすなり中古車を選択するべきでしょう。

300万なんか余裕だぜ!という羨ましい方ならLクラスミニバンを検討してもいいでしょう。

 

100万以下

はっきり言って100万以下ではミニバンはなかなか難しいです。
古くてボロくてもいいなら中古で見つかりますがオススメできません。

予算がなくて子供が2人以下ならスライドドア軽自動車やコンパクトカーがおすすめです。

→スライドドア軽自動車おすすめランキング

→コンパクトカー人気ランキング

 

150万~

150万くらいならシエンタなどSクラスミニバンが狙えます。

またヴォクシーなどのMクラスミニバンも中古ならそこそこいい車が見つかるでしょう。

 

200万~

200万くらい出せるなら、Sクラスミニバンの上位グレードやハイブリッドタイプが狙えます。

Mクラスの新車はちょっと届きませんが、3年落ちの中古なら見つかるでしょう。

 

300万~

300万円の予算があればMクラスミニバンを新車で購入できるでしょう。

値引き交渉や下取り価格によっては高グレードやハイブリッドも狙えますよ。

またLクラスミニバンの中古も300万位あれば、購入できるでしょう。

 

400万~

Mクラスミニバンなら余裕持って買えるので、高グレードやハイブリッドを選ぶのもよし、オプションを充実させてもいいでしょう。

 

500万~

Lクラスミニバンを狙えます。お好きな車を探してください(⌒-⌒)

 

それでは次に今売れている人気のミニバンを紹介します。予算と照らし合わせながら見て下さいね。

 

 

ヴォクシー・ノア・エスクァイア!トヨタのミニバンは2列めシートが広々!

トヨタのノア、ヴォクシーは2014年1月にフルモデルチェンジをしました。

それに伴い新型ミニバンとしてエスクァイアも発売されました。

この3台は兄弟車という位置づけでスペックはほとんど一緒です。デザインや内装がちょっと違うだけなのです。

注目スべきは2列めシート。

シートが横にもスライドするようになり、さらに3列目を跳ね上げれば最大810mmの超ロングスライドができるのです。

seet

オットマンこそついていませんが、かなりゆったりと座れるでしょう。

ここまでのスライドはライバルであるセレナやステップワゴンにはないです。

 

エスクァイアとノア・ヴォクシーの違いは?

エスクァイアはノア・ヴォクシーの1つ上のクラスを意識しています。

価格だけ見ても20~35万くらいの差があります。

エスクァイアは一番低いグレードであっても本革巻きステアリングを採用しており、高級感を演出しています。

上のグーレドを比較して何が違うのかというと、シートです。

ヴォクシーの最上級グレードの「ZS」では消臭機能付きファブリックシートですが、エスクァイアの「Gi」は合成皮革を採用しています。

シートが皮になるだけで高級感は全然違いますよ。

 

→トヨタヴォクシーがすごい!口コミ、実燃費、値引き除法はこちら

 

新型シエンタが大人気!燃費が27.2km/lでミニバンNo1

sienta26

2015年7月にフルモデルチェンジを行っていらい爆売れしています。

ぴょん吉も試乗に行ってきましたが、かなり良かったですよ。

1500ccなのでヴォクシーなどよりもワンランク小さいですが、子供が2人でまだ小さいなら全然広々使えます。

子供が3人かある程度大きくなると3列目が窮屈になってしまいます。

あと、燃費がすごいいいですね。特にハイブリッド!燃費が27.2km/lでライバルに圧倒的に差をつけています。

 

ミニバンで燃費比較をしてみると

  1. シエンタHV 27.2km/l
  2. オデッセイHV 25.2km/l
  3. ステップワゴンHV 25.0km/l
  4. ヴォクシー・ノア・エスクァイアHV 23.8km/l
  5. フリードHV 21.6km/l
  6. シエンタGS 20.6km/l

となります。

シエンタはガソリン車でも20キロを超えています。

購入費用も維持費も抑えたい。でも3列の広いミニバンがほしい!という方にはめちゃくちゃおすすめの車です。

ただ、中古車は旧タイプなので別の車と考えてください。

 

→新型シエンタってどうなの?口コミ評判をまとめました

 

 

根強い人気のセレナ。フルモデルチェンジで人気爆発中

新型セレナハイウェイスター

2016年7月にフルモデルチェンジをしたセレナ。

自動運転支援システム「プロパイロット」を装着して(オプションです)、登場しました!

 

デザインも一新し、かっこよくなりましたね!

実は管理人は2017年8月に新型セレナ(プロパイロットエディション)の展示車を買いました♪

 

プロパイロットシステムは、まだまだ改善点がありますが、高速道路などでは役立ってくれています。

特に渋滞時の疲れは半減しましたね!

 

セレナは中古車でも新車でも、めちゃくちゃ人気の車種ですよね。

街中を走っていると、ミニバンの半分はセレナなんじゃないかと思うくらいです。

 

結構人とかぶる車種なので、それが嫌ならボディカラーを特殊な色にしたり、違う車種を選ぶといいでしょう。

 

 

→新型セレナの口コミ評価は?デザインから乗り心地まで徹底評価

 

 

ステップワゴン。ダウンサイジング化でコスパUP?ワクワクゲートも面白い!

次に紹介するのは2015年4月にフルモデルチェンジをしたホンダステップワゴンです。

今回のフルモデルチェンジで注目されたのは排気量を1500ccにダウンサイジングしたことと、ワクワクゲートの採用。

直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを採用して2.4Lエンジン並みのトルクを発生させるそうです。

実際に試乗してみましたが、パワー不足は全然感じずスムーズな走りを見せてくれましたよ。

これによって燃費も向上してカタログ値で17.0km/lとライバル車を引き離しています。

あと、オモシロのがワクワクゲート。

ステップワゴン ワクワクゲート

後のドアが縦にも横にも開くという代物です。

 

駐車場に後ろから止めて荷台の荷物を取ろうと思ったらスペースがなくてもう一度前に出した経験がある方は意外と多いのではないでしょうか?

そんな時に横開きできるので、結構便利かと思いますよ。

どれだけの使用頻度があるかわかりませんが、新しい試みなので注目したいところです。

 

縦線がかっこ悪い・・・なんて評価もありますが!

 

→新型ステップワゴンって実際どう?燃費や値引き情報も

 

 

 

安全面で優れていているミニバンはどれ?

s-kurumaminnna

家族を乗せることが多いミニバンは安全面のことも考えておきたいですよね。

基本的にどの車にもエアバックや誤発信抑制機能などはついています。

ただ、トヨタ車には自動ブレーキシステムがついていないんです。

2016年1月にToyota Safety SenseCが搭載されました。

 

こういった安全装備は使わないのが一番ですが、もしものときに装備しておいたほうがいいでしょう。

子供と一緒に乗る機会が多いならなおさらですね。

子供の命を守るためにも安全装備はしっかり充実したいものです。

自動ブレーキシステムはオプション設定になっている車が多いですので、営業マンと相談してケチらずつけましょう。

 

中古の場合は自動ブレーキシステムがない車が多いですのでご注意を。

 

中古車の相場はいくら?

中古車を購入しようと考えているなら相場が気になるところでしょう。

相場はあってないようなもんですが、市場に出回っている車の年式である程度の相場が知ることができます。

 

「【車種名】+中古車相場表」

と検索してみてください。

カーセンサーなどのサイトが出てきて年式ごとの相場が大体わかります。

 

中古車は年式や走行距離である程度の相場はわかります。

ある程度の状態を望むなら、新車価格の50~70%は見ておいたほうがいいでしょう。

 

→失敗しないための中古車の選び方

 

 

まとめ ミニバン選びは維持費も考えて!

いかがでしたか?

候補のミニバンは見つかりましたか?

 

予算を決めるとある程度候補が絞れると思います。

あとはデザインなどの好みによって変わってくるでしょうが、大事なのが試乗です。

候補になった車をすべて見に行って乗ってみましょう。

実際に見て乗ってみると、印象がガラッと変わるものです。

 

ただ、試乗するときの注意点ですが、試乗車は最上級グレードのものをおいてあるものです。

車はやはりグレードが高いほうがいいですし、いろいろとオプションを付けたくなります。

しかし、予算をしっかり考えましょう。

 

子供が生まれて買い換えようと思っているならなおさらです。

子供はこれからどんどんお金がかかります。将来のために学費を貯金したいと考えてるでしょう。

だからこそ、車にはなるべくお金はかけないようにしたいものです。

 

ミニバンは大きくて重いので他の車種に比べて燃費が悪いです。

また、自動車税も高くなります。

詳しくは維持費について見て下さいね。車がいかにお金がかかるのかわかります。

 

→車の維持費ってこんなにかかっていたのか?もしかして一生に一番高い買い物かも

 

 

購入費用、毎月のローン、維持費のことをしっかり考えて車選びをしましょう。

予算を抑えたいけど広い車がほしいならシエンタがいでしょう。

 

子供が3人以上いる、または子供が大きくなってきたというならヴォクシーなどのMクラスミニバン。

お金が潤沢にあって困っているならヴェルファイアかアルファード。

という選択が良いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ

 

え、そんなに高く売れるの?下取りで10万だった車が・・・


車を買い換えるときに、ディーラー下取りに出すと 損する可能性が高い です。

下取りではなく、買取専門店に売るほうが断然いいのです。

ぴょん吉の愛車であるセレナ(10年落ち12万キロ)を査定したところ、28万円の値段がつきました。
ちなみに、下取り価格は10万円でした。

無料で最大10社から一括査定が受けられるので、買い替えを検討しているなら査定依頼してみてください。

申込みは1分で終わりますよ。

 

→あなたの愛車は今いくら?一括見積はこちら(無料です)

 

 

 

【知らないと損?誰でも簡単にできる値引き交渉術3つ】

kaerukotira
値引交渉が苦手な方も簡単にできて大幅値引きが期待できます。

あなたも知らないディーラーのカラクリを暴いて安く買い換えちゃいましょう!

→誰でもできる値引交渉テク3つ

 

 

アドセンス 関連広告

おすすめ記事一覧

1

車を安く買うには値引交渉が必須です。 でも、相手もプロなのでなかなかうまく行かない人もいるでしょう。 そこで、誰でも簡単にできて、大幅値引きが期待できる交渉術3つを伝授します。 値引交渉が苦手な方もで ...

2

最近、残価設定ローン(残クレ)と言う言葉をよく耳にします。 「新車が半額で買える!」などとCMでもやっているし、ディーラーにいくと営業マンが積極的に勧めてくるので興味を持っている方もいるのではないでし ...

中古車の選び方 3

中古車を販売しているのは、ディーラーや専門店が思い浮かびますね。 最近はネットでも買えるようになりました。 ヤフオクなどの個人間オークションなどでも取引されています。 ただ、中古車というのは前に乗って ...

-ミニバン, ランキング
-, ,

Copyright© 車値引き交渉の凄テク。ぴょん吉の車乗り換え徹底ガイド , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.